Sibatabi

旅の経験を情報として配信するブログ

ニカラグアの旅まとめ。気になる治安と旅に掛かった費用。

 
ニカラグア・グラナダ

ニカラグアの旅についてまとめます。

※為替レート(2016年10月時点)
1ドル≒100.53円
1コルドバ≒3.6円

ニカラグアのトラベルデータ

【滞在期間】2016.10.3 – 10.7(5日間)
【滞在都市】レオン、グラナダ

 

ニカラグアの基本情報

一般事情

【国名】ニカラグア共和国
【首都】マナグア
【面積】129,541平方キロメートル(北海道と九州を合わせた広さ)
【人口】約617万人
【民族】混血70%,ヨーロッパ系17%,アフリカ系9%,先住民4%
【言語】スペイン語
【宗教】カトリック,プロテスタント等(国教に関する憲法規定はない)

 

経済事情

【主要産業】農牧業(コーヒー,牛肉,金,豆,米,サトウキビ)
【GDP】126.9億ドル
【1人当たりGDP】2,027ドル
【経済成長率】4.9%
【消費者物価上昇率】3.1%
【失業率】7.07%

上記は外務省のデータを参考にさせて頂きました。

 

ニカラグアの旅行情報

旅行の基本情報

【通貨】コルドバ
【換算レート】1コルドバ≒3.6円(2016年10月時点)
【電圧】110〜120V/60Hz
【プラグ】日本と同じAタイプ。
【時差】日本より15時間遅い。日本が夕方6時の時、ニカラグアは朝の3時。

 

ニカラグアの観光地

今回僕らは、レオン、グラナダの2都市しか訪れていませんが、他にもニカラグア湖に浮かぶ「オメテペ島」、コスタリカ国境近くの田舎のビーチ「サンフアン・デル・スール」等が人気のようです。

 

ニカラグアの治安

ニカラグア・レオン|市場

今回訪れたレオン、グラナダについては、治安は悪くなかったです。実際にエルサルバドルから来てみると欧米人の旅行者もかなり増えて、治安の良さを感じます。夜に出歩いても問題無かったです。

念のため、海外安全ホームページの記載を確認してみると、記事作成時点では以下の通り記載してあります。

1.犯罪発生状況
2015年中,特に目立った犯罪は,殺人(558件),強盗・恐喝(3,803件),強姦・強制わいせつ(2,755件)等で,発生件数は前年と比較してやや減少傾向となっていますが,薬物犯罪(4,010件,前年比5.8%増)は増加傾向にあります。また,強盗事件のうち,とりわけ2009年頃から急激に増加した犯罪はタクシー内強盗で,流しの乗合タクシーの運転手と乗客とが示しあわせ,言葉巧みにタクシー内に連れ込み,現金貴重品その他クレジットカード類の全てを強奪するもので,日本人の被害も報告されています。更に地域別に見ると,全体の犯罪発生件数の約4割が首都マナグア市が位置するマナグア県で発生し,特に首都マナグア市内での発生が大半を占めています。次にマタガルパ県,レオン県,マサヤ県,カラソ県の順となっており,首都近郊における治安の悪化が懸念されています。ホンジュラスとの国境沿いの北部山岳地帯では,麻薬密売等の武装集団と警察隊・国軍との間で銃撃戦が発生,カリブ海側の地域では,先住民族の土地所有権に絡み殺人,傷害事件が発生する等,特に注意が必要です。また,パンディージャと呼ばれる少年グループによる犯罪も多く,特にグループ間の抗争(報復殺人等)が日常的に行われていますので,滞在・渡航の際は十分注意が必要です。

引用:海外安全ホームページ

まぁあまり良くは無いようですが、基本的には首都のマナグアを中心に犯罪が起きているようです。

バス内からマナグアを見る感じでは、綺麗なショッピングセンターがあったり、街には人が溢れていたりで、そんなに治安の悪そうな印象は受け無かったんですが、こういう事前情報があったので、マナグアでうっかりローカルバスに乗り込んでしまった時は、さすがに冷や汗をかきました。

 

ニカラグアの旅に掛かった費用

コルドバ米ドル日本円換算
食費C$2,039¥7,340
宿泊費C$1,722¥6,199
交通費C$510¥1,836
観光費C$60¥216
その他C$304$27¥3,809
合計C$4,635$27¥19,400

※2人で使った金額です。

ニカラグアの旅で掛かった費用は19,400円でした。滞在期間は5日間なので、1人1日の平均出費は約1,940円となります。

◆食費◆
食費はあまり安くは無かった印象です。最低でも1食70コルドバ(約252円)とかでした。

◆宿泊費◆
1泊7ドルくらいなので高くは無いです。
安宿情報はこちら→ニカラグアの安宿

◆交通費◆
交通費についても、移動距離がそんなに長くなかったうえに、ローカルバスで移動していたので安く抑えられました。各都市間を旅行会社がシャトルバスを運行していて便利なんですが、これを利用すると値段が倍以上になります。
バス・ルートの情報はこちら→ニカラグアのルート