Sibatabi

旅の経験を情報として配信するブログ

月間2万PV達成!これまでやってきたSEO対策の知識と経験をまとめるよ!

 2016/01/05 
【SEO】月間2万PV

月間2万PV達成!

【SEO】月間2万PV

WordPressでブログを始めてから約2年。

ダラダラと続けてきましたが、先月ようやく月間2万PVに到達したので、学んだ知識と経験、実感ベースでSEOについてまとめていきたいと思います。

本当は10万PV達成してから書こうと思ってたんですが、WordPress関連の記事を充実させていたところなので、ちょうどいい機会だと思って書かせて頂きます。

ツワモノブロガーの方々からすれば、たった2万PVですが、この2万PVまで到達出来ない人も大勢居ると思うので、そんな方々の役に立てればと思います。

 

【SEO】月間2万PV

ちなみに、当ブログへのアクセスの80%以上が、検索からの流入になっています。
SNSもあまり力を入れていないので、集客はほぼSEOのみです。

 

現在のSEO対策は記事の質がすべて!

Googleのアルゴリズムも大きく成長して、どんな記事がユーザーの役に立っているのかまで判断出来るようになっています。

なので、薄っぺらい内容の記事で検索上位に上げるのはほぼ不可能。
小手先のテクニックも通用しません。

ですが、裏を返せば、現在のSEO対策は、「記事の質を上げること」と「適切な内部SEO」だけに集中すれば良いので、非常にシンプルになってきていると思います。

 

記事の質を上げるための対策

情報は隠さず全て晒け出す!

読者に少しでもメリットがあると思う情報は、隠さない。

「Contents is King」なんて言われていますが、コンテンツ(情報)の価値はいずれゼロになるものだと考えているので、そんなものに頼るなら、価値のあるうちにさっさと表に出して、別のもので価値を生み出すことを考えた方が良いと思います。

 

画像を多めに、見出しも使って見やすい記事を書く!

読者がイメージしやすい、分かりやすいように出来るだけ画像を多めに、また見出しを使って、読みやすいように記事を書くよう心掛けています。

見出しに関しては、内部SEOも関わってくるので、出来るだけキーワードも含めるようにしています。

 

過去記事をリライトする!

薄っぺらい過去記事を書き直して(リライトして)、質の高い記事にパワーアップさせます。

下の記事も、元々はほとんどアクセスを集められませんでしたが、内容を充実させて月に1,000PV集められる記事になりました。

 

1記事あたりの文字数について

結構気にする方も多いようなので書いておくと、このブログの1記事あたりの文字数は大体2,000〜4,000文字くらいです。

たぶん、あんまり気にしなくて良いとは思いますが、内容の充実した記事を書こうとすると大体これくらいは自然と書けるはず。

とは言え、文字数が多けりゃ良いというものでもないのでご注意を。

 

内部SEO対策

無料テーマ「Simplicity」を利用!

内部SEO対策がしっかりと施されているにも関わらず、無料で配布されているテーマはたくさんあります。細かな内部対策は、テンプレート頼りです。

僕は、「Stinger」、「Simplicity」、「Material」を利用してきましたが、体感的なSEO効果は、Simplicity≧Stinger>Materialといった印象です。

デザインとしては、Materialが気に入っていたのですが、検索流入数が下がってしまっては、元も子もないので、Simplicityに変更しました。
デザインはある程度、ブログが育ってから力を入れれば良いと思います。

 

Google向けにタイトルを用意する!

SEO対策として、ブログタイトル、記事タイトルは非常に重要です。
キーワードを含めるのはもちろん、キーワードは出来るだけタイトルの文頭に寄せた方が良いと言われています。

でも、これを意識しつつ、読者を惹きつけるような自然なタイトルを考えるのって意外と大変。
特に僕は語彙力が乏しいので、いつも時間が掛かってます・・・。

そこで、僕はブログ上に表示されるタイトルと検索エンジン上で表示されるタイトルを変えています。

ブログタイトルの場合

【SEO】月間2万PV

ブログ上では、「Life in Travel」と表示されています。

 

【SEO】月間2万PV

そして、Google向けのタイトルは「海外旅行・世界一周・バックパッカーのブログ|Life in Travel」としています。

タイトルの文頭に「海外旅行」、「世界一周」、「バックパッカー」、「ブログ」と言うビッグキーワードを含めています。
ただ、ビッグ過ぎて中々検索圏外を抜け出せないのは、ここだけの話・・・。

記事タイトルの場合

【SEO】月間2万PV

ブログタイトルについても、良いタイトルが思い浮かばなかった際は同様に対応しています。

こちらが、ブログ上に表示されるタイトル。
文頭に感情を込めた文章を入れると読まれやすいそうなので、「圧倒的に得をする!」と入れています。

 

【SEO】月間2万PV

こちらが検索エンジン上に表示されるタイトル。

「スカイスキャナー」というキーワードを頭に持って来たかったので、「圧倒的に得をする!」は削除しています。

今のところ、このやり方で検索上位も狙えているので、ペナルティを受けたりということはないはずです。

 

カテゴリーの最適化

カテゴリーは、階層構造を作れるため、カテゴリー名にキーワードを含めることで、カテゴリー内に良質な記事が貯まってくると、そのキーワードで検索上位に表示されやすくなります。

 

【SEO】月間2万PV

例えば、「アフリカ縦断」というカテゴリー。
このカテゴリー内には、現在5記事あります。

 

【SEO】月間2万PV

Googleで検索すると、「アフリカ縦断」というキーワードで1位になっています。

 

質の低いページは「noindex」にする!

ブログ内に質の低いページが存在していると、ブログ全体の評価も下がってしまうので、質の低い記事、ページは全て「noindex」にしました。

 

【SEO】月間2万PV

質の低いページの基準は、「Google Analytics」の「行動」→「サイトコンテンツ」→「すべてのページ」を見て、あまり見られていない記事を選択。

「旅日記」については、検索から来た方の需要を満たせることは少ないと判断して、見られていても、記事、カテゴリー一覧ページ共に「noindex」設定にしています。

この設定だけで、検索流入数は増加したので効果があると思います。

 

サイトマップを作成する!

Web上にはブログの情報を収集する「クロウラー」というロボットが巡回しています。
このクロウラーが、ブログ上を巡回しやすくするため、トップページから2クリック以内にすべてのページへ辿り着けるような構造にすることが望ましいとされています。

なので、プラグイン「PS Auto Sitemap」を使って、グローバールメニューにサイトマップを作成しました。

 

その他の対策

ユーザビリティを向上させる

Googleが質の高い(人気のある、役に立つ)ページと判断するための材料として、「PV数」、「1アクセスあたりの平均PV数」、「滞在時間」、「直帰率」を利用しているのは間違いないと考えています。

「PV数」→人気のあるブログなら見る人も多い。
「1アクセスあたりの平均PV数」→役に立つページが多ければ、何ページも見ちゃう。
「滞在時間」→何ページも見ちゃう、じっくり見ちゃうから、滞在時間が長くなる。
「直帰率」→多くの人に役に立つブログなら、すぐに読むのを辞める人は少ない。

こんな感じですかね。

なので、ユーザビリティ(ブログの使いやすさ、使い勝手)を向上させることは、結果として検索上位を目指すために必要な対策だと思います。

 

ページの表示速度について

こちらもユーザビリティと同様です。ページの表示速度が遅いとサイトから離脱する可能性も高くなります。ページの読み込みに時間が掛かるサイトは、表示されるまで待ってられませんよね?

ページの表示を早くするために、以下の対策をしています。

エックスサーバーの「mod_pagespeed設定」をONにする

【SEO】月間2万PV

ブラウザキャッシュを利用する

ブラウザキャッシュについては、以下のブログが参考になります。

写真のサイズを小さくする

このブログは写真を多用しているので、写真のサイズを出来るだけ小さくしてアップロードしています。

下記のツールが、一括リサイズ出来て便利。

Windows:リサイズ超簡単!Pro
Mac:Th-MakerX

また、アップロード後もプラグイン「EWWW Image Optimizer」でファイルサイズを減らしています。

 

被リンクについて

被リンクによるSEOの効果が薄れている現在、被リンクの有効なところは、直接アクセスを集められる被リンクかどうかというところだけだと思います。
そうなると、何の脈絡もなくただ貼ってあるリンクではなく、記事中で内容に沿って紹介してもらえるような「自然な被リンク」でないと意味が無いですよね。

なので、必死こいて優良な被リンクを集める作業は無駄としか言えません。
そんな時間があるなら、記事のクォリティを上げることにリソースを割いた方が絶対に良いです。

先日、とある企業さんから、このブログに1万円でその企業サイトのリンクを貼って欲しいというオファーを頂きましたが、上記のような考えがあったので、すぐに断らせて頂きました。

色んなサイトのトップページ、もしくはリンク集のページ「のみ」から、その企業サイトのトップページ「のみ」への大量の被リンクは不自然過ぎて、SEOへの効果があるとは全く思えませんでした。直接アクセスが流れるとも思えません。

その企業も1万円を損失するだけですし、僕としても単発の1万円のためだけに、ブログの内容に沿わないリンクを貼りたくなかったので、お断りさせて頂きました。

 

被リンクについてまとめると、「優良な被リンクを集められた」から「検索上位に上がる」のではなく、「検索上位に上がるだけの質の高い記事」だから「優良な被リンクが集まる」わけで、検索上位に上げるための「要因」では無く、結果的なものなんだと思います。

 

更新頻度について

これも結構気にする方が多いと思うので書いておきます。

WordPressでブログを書く場合、アメブロ等の無料ブログサービスと違って、すぐにアクセスを集められることはありません。
なので、ある程度、検索エンジンからアクセスが流れてくるようになるまでは、とにかく更新した方が良いと思います。

ある程度検索エンジンから評価されるようになったら、ほとんど更新し無くてもアクセスは安定します。
このブログも、気付けば2015年の11月は全く更新してませんでしたが、アクセスが下がることはありませんでした。むしろ微増。笑

 

【SEO】月間2万PV

10月

 

【SEO】月間2万PV

11月

ただ、更新の少ないサイトは評価が下がることもあるようですし、上を目指すなら出来るだけ更新するに越したことはありません。

ただ、更新頻度を上げるために、記事の質が下がってしまっては本末転倒なので、記事の質を保てるような更新頻度に止めた方が良いですね。

 

最後に

Googleのアルゴリズムの成長で、現在では「読者に役立つ記事≒検索上位」となりました。
なので、冒頭でも書きましたが、検索上位を目指すなら、「記事の質を上げること」と「適切な内部SEO」に集中すること。

読者とGoogleの気持ちを考えて、どちらにも好まれるように構成していきましょう。

また、このブログはあまり戦略を立てずに、思いついたことを書いていますが、本来ならニッチなキーワードを攻略して、順を追ってメジャーなキーワードを攻めた方が結果が出るのは早いと思います。

最初から「海外旅行」なんていうビッグキーワードを狙ってもそりゃ難しいですよ。笑

以上、SEOについてのまとめでした。