Sibatabi

旅の経験を情報として配信するブログ

外務省海外旅行登録システム「たびレジ」に登録して海外旅行先のリスク回避!海外安全情報をリアルタイムに受け取ろう!

 
たびレジ

メキシコシティでの生活も1ヶ月が経ちました。

来週には旅を再開する予定で、この後はいよいよ中米を南下していきます。

中米はあまり治安が良くないので、この先は「新鮮な情報」が欠かせません。

そのため、2014年7月1日からサービスがスタートした外務省の海外旅行登録システム「たびレジ」に登録してみました。

今回は、この「たびレジ」について書いていきたいと思います。

 

たびレジとは

たびレジは、海外旅行や海外出張される方が、旅行日程・滞在先・連絡先などを登録すると、滞在先の最新の海外安全情報や緊急事態発生時の連絡メール、また、いざという時の緊急連絡などが受け取れるシステムです。
メールの宛先として、ご自身のアドレス以外にご家族や職場のアドレスも登録できます。

出典:外務省海外旅行登録「たびレジ」

外務省が運営する海外安全情報提供サービスで、登録しておくことで外務省が発出する旅行先の現地情報をリアルタイムに受け取ることが出来ます。

 

海外安全ホームページのメールサービスとたびレジ登録、簡易登録の違い

たびレジ

実はたびレジが登場する前から、外務省の海外安全ホームページでは海外安全情報のメールサービスを行っていました。

そして、たびレジにも本登録と簡易登録というものがあります。

せっかくなので、これらのサービスでどういった違いがあるのかをまとめてみました。

 

海外安全ホームページ
たびレジ
簡易登録登録
海外安全情報発出メール
在外公館発出の緊急一斉通報(メール)
お役立ち情報の提供
緊急時の電話連絡

海外安全ホームページのサービスでは、海外安全情報発出のメールサービスのみでしたが、たびレジではそれに加えていくつかのサービスが追加されたようです。

サービスの内容については以下のとおりです。

◆海外安全情報発出メール
海外安全ホームページに掲載されているスポット情報・広域情報・危険情報をリアルタイムに受け取ることが出来ます。

◆在外公館発出の緊急一斉通報(メール)
災害や緊急事態などが起こった際に在外公館がたびレジ登録者や在留邦人等に発出する情報を受け取ることが出来ます。

◆お役立ち情報の提供
旅行先国・地域の在外公館連絡先等の提供を受けられます。(こちらのページに連絡先一覧が載ってました。)

◆緊急時の電話連絡
大規模な事件・事故が発生した際に安否確認等の連絡を受けることが出来ます。しかし、在外公館も広い地域を管轄していて、すべての事件・事故に対応出来るわけではないので、必ずしも連絡を受けられるわけではないようです。

 

結局どのサービスが良いの?

すべて無料である以上、たびレジの本登録をしておくのが一番良いと思います。

緊急時に必ず連絡を貰えるわけではなくても、在外公館の職員の方に連絡先を持っておいてもらうことはやっぱり大きいんじゃないかと思います。

最近はかなり物騒ですからね。

ただ、たびレジの本登録では、滞在都市・期間などのスケジュールをきちんと設定しなければいけないうえに、登録可能な都市が10都市までなので、予定も立てずに何ヶ国も周遊する僕らのようなバックパッカーの場合には、いちいち登録するのが面倒なのが正直なところです。

それに、バックパッカーは現地で使える電話番号を基本的に持っていないと思います。

なので、僕はとりあえず旅レジの簡易登録を選択しておきました。

 

たびレジ簡易登録の流れ

たびレジ

では、たびレジの登録の流れを説明していきます。まずは、簡易登録から。

以下のたびレジのサイトを開いて、「簡易登録(新規)」をクリックします。

 

たびレジ

登録画面に移るので、「メールアドレス」「区分」「配信メール」を入力、チェックします。

 

たびレジ

そして、下にスクロールすると国名がずらーっと並んでいるので、情報の配信希望を希望する国名にチェックを入れていきます。

 

たびレジ

チェックを入れ終わったら、一番下にある「登録」をクリック。

 

たびレジ

すると仮登録のメールが送られます。

 

たびレジ

メールが届いたら「本登録用URL」をクリック。

これは簡易登録の本登録という意味です。

 

たびレジ

URLをクリックすると、こんなページに飛ばされて

 

たびレジ

受付完了メールが届きます。

配信を希望した国名が記載されているので間違いがないか確認しましょう。

これで、たびレジの簡易登録は完了です。簡単ですよね。

 

メールの配信停止

たびレジ

次に、メールの配信が必要なくなった時の配信停止手続きの流れです。

たびレジの「簡易登録」の欄にある「登録内容の削除」をクリックします。

 

たびレジ

登録していたメールアドレスを入力して、「削除」をクリック。

 

たびレジ

するとメールが届くので「本登録用URL」をクリックします。

配信停止なのに、「本登録用URL」と記載されているので混乱しますがこれで間違いありません。

 

たびレジ

URLをクリックすると配信停止の受付完了です。

 

たびレジ

受付完了のメールも届きます。

 

たびレジ登録の流れ

たびレジ

続いてたびレジの本登録の流れです。

以下のリンクからたびレジのサイトを開いて「カンタン新規登録」をクリック。

 

たびレジ

本登録は、メールアドレスの登録からです。

配信を希望するメールアドレスを入力します。

 

たびレジ

注意事項をよく読み「メールアドレスを確認する」をクリック。

 

たびレジ

個人情報保護方針をよく読み問題がなければ「同意する」をクリック。

 

たびレジ

すると、確認メールが送信されます。

 

たびレジ

メール内に「旅行情報登録用URL」が記載されているので、クリックして本登録に進みます。

 

たびレジ

ここから旅行内容などの詳細を入力していきます。

 

たびレジ

まずは旅行予定を入力。

「滞在先」「期間」は入力必須です。

「滞在先」は1都市しか入力出来ないので、何都市か周遊する場合には「旅行日程を追加」をクリックして都市を追加出来ます。

「宿泊先」については、非常時に宿泊先に連絡を入れて貰える可能性もあるので、連絡の取れる携帯電話を持っていかない場合は入力しておいた方が良さそうです。

 

たびレジ

旅行予定を入力出来たら、「旅行者情報画面へ」をクリック。

 

たびレジ

次に旅行者の情報を入力します。

「旅行者情報の有効期限」については、基本的に旅行終了後1ヶ月で登録が抹消されるのですが、希望すれば1年間まで延長する(メールを受け取る)ことが出来ます。

 

たびレジ

続いて旅行内容を修正する際に利用するパスワードと追加メールアドレスの入力です。

登録したアドレスと別のアドレスでもメールを受信したい場合に入力します。

 

たびレジ

次にツアー会社と同行者人数の入力です。

入力が出来たら、「入力した内容を確認」をクリック。

 

たびレジ

次に確認画面に移るので、入力した内容に誤りがないか確認します。

 

たびレジ

問題がなければ、「入力した内容で登録」をクリック。

「旅のしおりを出力」をクリックすると

 

たびレジ

旅行情報や、旅行先の在外公館の連絡先などが記載された「旅のしおり」が印刷出来ます。

印刷して点線に沿って折ればパスポートサイズになるので持ち運びにも便利だそうです。

 

たびレジ

登録が完了すると登録完了メールが送られてきます。

 

たびレジ

こんなメール。

これで、たびレジの登録は完了です。

 

最後に

メキシコに来るまでこのサイトの存在を知らなかったのですが、ISISの登場で各地でテロが頻発していて物騒になってきている現在、こういったサービスは有効活用すべきだと思います。

出来る限りの情報収集をして、旅先でのリスクを最小限に抑えるように努力しましょう。