Sibatabi

旅の経験を情報として配信するブログ

バニョスの安宿|HOSTEL CHARVIC

 2016/12/14 
バニョスの安宿|HOSTEL CHARVIC

バニョスで泊まった安宿を紹介します。

※為替レート(2016年11月時点)
1ドル≒104.1円(エクアドルの通貨は米ドル)

HOSTEL CHARVIC

バニョスの安宿|HOSTEL CHARVIC

バニョスで泊まった宿は「HOSTEL CHARVIC」

バスターミナル周辺で幾つか聞いて回ったらここが最安の2人1室で10ドル(約1,040円)でした。

1人で泊まっても個室で5ドル(約521円)だそうです。但し、5ドルの部屋はベッドだけで、テレビ付きが良かったら7ドルだそうです。笑

外観が綺麗めなところを回ったこともあって、他は基本1室20ドル(約2,082円)くらいでした。でもお客が少ないのか渋っていたら、ほとんどのところが値引きをしてくれました。15ドル(約1,562円)くらいまでは下げられそうです。

 

バニョスの安宿|HOSTEL CHARVIC

で、部屋はこんな感じ。窓が大きいので明るいです。広さも十分。これで1人5ドル(約521円)なら全然アリです。

最初は窓無しの部屋を案内されたんですが、そっちは狭くてあんまり雰囲気も良く無いです。窓有の部屋が空いていたら絶対にそっちにして貰った方が良いです。

もしかしたら、シングルの5ドルの部屋はこの窓無しかもしれません。

 

バニョスの安宿|HOSTEL CHARVIC

ベッドも清潔です。個人的には枕の高さとベッドの硬さがベストでした。

 

バニョスの安宿|HOSTEL CHARVIC

あと、リモコンの無いテレビと鏡があります。鏡のところにはちょっとした物を置けるようになっているので地味に便利。

 

バニョスの安宿|HOSTEL CHARVIC

そして屋上。見晴らしが良いです。

 

バニョスの安宿|HOSTEL CHARVIC

屋上には洗濯が出来るスペースと洗濯物を干す針金もあります。これは非常にありがたい。

但し、バニョスは風が強いので洗濯バサミ必須です。洗濯バサミをしていなかったら、風でタオルが道路まで飛んで行ってました。

 

バニョスの安宿|HOSTEL CHARVIC

屋上にはキッチンもあるので、自炊も出来ます。

 

「HOSTEL CHARVIC」の宿泊情報まとめ

【宿泊時期】
2016.11.15 – 11.19(4泊)

【部屋タイプ】
ダブルルーム

【料金】
10ドル(約1,040円)

【設備・サービス】
共同トイレ・シャワー(お湯・水圧良好)/WiFi/バスタオル/キッチン/洗濯場/洗濯物干しスペース

【その他コメント】
WiFiは部屋内ではギリギリ、不安定で使えなくなることもある。昼が調子悪いっぽい。シャワーも熱々とまではいかないです。強目に出した方がより温かいお湯が出ます。

【立地】
バスターミナルの1ブロック南側。周りに食堂、売店も有。

【オススメ度】
★★★★★★★☆☆☆