Sibatabi

旅の経験を情報として配信するブログ

ポパヤンの安宿|ホットシャワー付き個室が安い!オススメの安宿「HOTEL ALCALA COLONIAL」

 2016/12/12 
ポパヤンの安宿|「HOTEL ALCALA COLONIAL」

ポパヤンで泊まった安宿を紹介します。

※為替レート(2016年10月時点)
1ペソ≒0.035円

オススメの安宿「HOTEL ALCALA COLONIAL」

ポパヤンの安宿|「HOTEL ALCALA COLONIAL」

ポパヤンで泊まった宿は「HOTEL ALCALA COLONIAL」

Booking.comで見つけました。

他のホテル予約サイトを見ても、このホテルは個室にも関わらず、他の宿のドミトリーより安かったので少し心配でしたが、問題は無くむしろオススメ出来るくらいの宿でした。

 

ポパヤンの安宿|「HOTEL ALCALA COLONIAL」

部屋は個室のツインベッドで35,000ペソ(約1,225円)なので、1人あたり600円ほどで個室に泊まれます。トリプルルームもあったので、3人で泊まればもっと割安になりそう。

部屋自体は普通に綺麗です。壁や天井もポパヤン風の白塗りなので清潔感があって少しお洒落な感じさえします。

しかもかなり広いです。

 

ポパヤンの安宿|「HOTEL ALCALA COLONIAL」

ベッドの横にある棚も便利で良いですね。

 

ポパヤンの安宿|「HOTEL ALCALA COLONIAL」

そしてなんとテレビも付いています。別に嬉しいわけではないんですが、現地のテレビを見て暇つぶしが出来ます。料理番組が面白かったです。日本の特集も2晩連続でやってました。

あとは、石鹸とバスタオルも付いています。

 

ポパヤンの安宿|「HOTEL ALCALA COLONIAL」

で、トイレなんですが安さの代償で便座が付いていませんでした。まぁこれだけの部屋でこの値段ならやむ無し。

 

ポパヤンの安宿|「HOTEL ALCALA COLONIAL」

そして、シャワーヘッドも付いていません。

まぁこれは僕らとしては全く問題無かったです。洗濯するのにシャワーよりもこっちの方が水を貯めやすいので。笑

また、シャワーは激アツのお湯が出ます。シャワーヘッドで水を温めるタイプではないので、水圧を保ったまま熱々のシャワーが浴びられます。

あ、水圧を保つと言いましたが、シャワーヘッドが無いので打たせ湯状態です。

 

ポパヤンの安宿|「HOTEL ALCALA COLONIAL」

あとは防犯カメラも付いていました。ホテルの入り口も格子状の扉に鍵が掛かっているので、毎回開けてもらうようになります。

ポパヤンは何か変な人(浮浪者だったり、ちょっと頭おかしそうな人)が多かったので、これで防犯もバッチリです。

 

「HOTEL ALCALA COLONIAL」の立地

ポパヤンの安宿|「HOTEL ALCALA COLONIAL」

「HOTEL ALCALA COLONIAL」の立地はそんなに悪くないと思います。

中心地から外れたところにありますが、ポパヤンは小さな街なので、セントロのカルダス公園も歩いていけます。周りに売店も数件有。

中心地まで行かないので、バスターミナルも比較的近く、歩いて来れます。

ポパヤンは街の規模の割に車の通りも激しく、人も多いので中心地だと少しうるさそうなので僕らにはちょうど良かったです。

Booking.comのレビューに「夜はちょっと怖い。」というコメントがある通り、暗くなると人通りが少なくなりますが、遅くならなければ特に問題は無さそうでした。

 

ポパヤン|石の橋

ホテルの目の前には石の橋が掛かっています。

 

ポパヤン|石の橋

ここを登っていくとすぐに白い建物が並ぶエリアに入ります。カルダス公園もここをまっすぐ行けば着きます。

ちなみに、この橋を登りきったところに警察が常駐しているようです。

 

「HOTEL ALCALA COLONIAL」の宿泊情報まとめ

【宿泊時期】
2016.11.7 – 11.9(2泊)

【部屋タイプ】
ツインルーム

【料金】
35,000ペソ(約1,225円)

【設備・サービス】
室内トイレ・シャワー(お湯・水圧良好)/WiFi(そこそこ速い)/バスタオル/石鹸

【オススメ度】
★★★★★★★☆☆☆

 

Booking.comでポパヤンの安宿を探す