Sibatabi

旅の経験を情報として配信するブログ

日本一のバンジーに三大瀑布!魅力度最下位なんて言わせない!茨城県北部の観光スポット3選!

 2016/05/06 
龍神大吊橋

ゴールデンウィークを利用して、家族と茨城県北部の観光に行ってまいりました。

普段、日本の観光地はあまり記事にしないんですが、なにやら、我が茨城県は47都道府県の中で魅力度最下位として認知されてしまっているというわけなので、茨城県民として少しでもPRに貢献出来ればと思い記事にしてみました。笑

今回訪れた観光スポットは、「龍神大吊橋」「袋田の滝」「旧上岡小学校」の3ヶ所です。

 

まずは、日本一高いバンジージャンプが楽しめる「龍神大吊橋」

まずは、「龍神大吊橋」です。

ここは、日本一高いバンジージャンプが体験出来るということでも有名です。

 

これが龍神大吊橋!

龍神大吊橋

こちらが、龍神大吊橋。

ゴールデンウィークなので、両サイドにたくさんの鯉のぼりも設置されていました!

 

龍神大吊橋

ちなみに、この真ん中の白く線が入っているのが、バンジージャンプの紐(ゴム?)です。

 

龍神大吊橋を渡る

龍神大吊橋

龍神大吊橋を渡っていきます。

吊橋だけあって、意外と揺れます。ちょっと怖い。笑

 

龍神大吊橋

橋の真ん中あたりに、床がガラスになっている部分があります。

誰かがバンジージャンプをやっていると、このガラスから飛ぶのが見えますよ。

バンジージャンプをやる方は、係員に誘導されてこの奥の扉から入っていきました。

 

龍神大吊橋の景色

龍神大吊橋

お次は景色。

吊橋の上から見た景色はこんな感じ。

運良く快晴だったため、山並みが本当にキレイでした。

 

龍神大吊橋

別角度から。

 

龍神大吊橋

反対側から。

 

「龍神大吊橋」の基本情報

龍神大吊橋

【料金】
大人:310円
小人:210円(小・中学生)

 

龍神大吊橋

【住所】〒313-0351 茨城県常陸太田市天下野町2133-6

【アクセス】
常磐自動車道・那珂ICから国道349号を経由して里見大橋を左折し、県道36号を進むと便利。

【駐車場】
第1、2、3駐車場があり265台収容可能で全て無料。
しかし、ゴールデンウィークのためか朝9時の時点で、既に渋滞になってました。

 

龍神ダム

ちなみに龍神ダムの方へ行ってしまうと、龍神大橋のだいぶ下のところに出ちゃうので注意です。

 

龍神バンジーについて

【料金】
1回目:15,000円
同日2回目:7,000円
2回目以降:10,000円

同日2回目の料金設定があるってことは、1日に2回飛んだりする人がいるんですね・・・。

詳細や予約はこちら

 

お次は、日本三大瀑布の一つ「袋田の滝」へ

お次は、日本三大瀑布の一つ「袋田の滝」へ。

「龍神大吊橋」からは車で30分も掛からないので、一緒に回る人も多いようです。

 

常陸の秋蕎麦・奥久慈しゃもで腹ごしらえ

袋田の滝

「袋田の滝」の駐車場周辺には、食事処がたくさんあります。

今回は、この黒い外観の「昔屋」さんに入ってみました。

 

常陸の秋蕎麦・奥久慈しゃも

注文したのが「奥久慈しゃもの地鶏蕎麦」

しゃもは弾力があって、鶏肉とはまた違った味わいでした。

蕎麦は、常陸の秋蕎麦を使っているようです。
コシがあって美味しい。

ただ、このお店「天ぷら」が置いていないのが残念。
お隣の「双葉」さんでは提供しているようです。

 

袋田の滝へ

袋田の滝

お腹も満たされたところで、「袋田の滝」へと向かいます。

駐車場からは少し歩きますが、川沿いの景色が良い感じです。

 

この近辺にはお土産物屋がずらーと並んでいて、軒先で焼いている奥久慈しゃもの焼き鳥が美味しそうでした。

天気も良かったのでビールも飲みたくなります。

 

袋田の滝

さて、チケットを買って「袋田の滝」へ入場です。

 

袋田の滝

まず、こちらが第一観瀑台からの眺め。

滝を近距離で見ることが出来ます。

日本三大瀑布に指定されているのも頷ける美しさですが、横幅が広すぎて(近過ぎて)全景が撮れませんでした。

 

袋田の滝

第二観瀑台は、第一観瀑台からエレベーターで上がっていったところにあり、高い場所から滝の全景を眺めることが出来ます。

上の写真の下に、第一観瀑台で見た滝があります。

やっぱり全景をカメラに収めるのは難しい。。

 

袋田の滝

お次に、第一観瀑台から見えるこの吊橋に行ってみました。

入場口から進んでいくと、第一観瀑台の手前にあります。

 

袋田の滝

吊橋からなら、第一観瀑台から見える部分は、うまく全景を入れられそうです。

今回は、単焦点のレンズを使っていたのでこれが限界でした。

 

袋田の滝

吊橋を渡って、反対側に来てみました。

奥に見える四角いのが第一観瀑台です。

 

袋田の滝

「袋田で一番美しい景色が見られます」という看板に惹かれて、階段を登ってみたところ、そこには簡単なお食事処(茶屋的な)がありました。

簡単な食事をしながら、遠くの滝を眺めることが出来ます。

しかし、「袋田で一番美しい景色」だったかと言われればそうでもない。笑

 

袋田の滝

でも、悪くない景色です。

 

袋田の滝

茶屋から先に進んでいけば、杉並木を通って駐車場まで抜けることが出来ます。

 

「袋田の滝」の基本情報

【料金】
大人:300円
小人:150円

【住所】〒319-3523 茨城県久慈郡大子町袋田3−19

【駐車場】
「袋田の滝」付近は有料です。500円。
無料の駐車場もありましたが、「袋田の滝」まで結構歩きます。

 

「道の駅奥久慈だいご」で休憩

道の駅奥久慈だいご

「袋田の滝」観光が終わって、「道の駅奥久慈だいご」で少し休憩です。

ここでは、地元の名産品が購入出来るので、お土産の購入に良いかも。

ちなみに、温泉もあります。

 

道の駅奥久慈だいご

せっかくなので、鮎の塩焼きを食べておきました。

身がホクホクで、塩加減も抜群で美味しかったです。

ちなみに、「龍神大吊橋」「袋田の滝」でも食べられます。

 

「道の駅奥久慈だいご」の基本情報

【住所】茨城県久慈郡大子町池田2830-1

 

「花子とアン」「おひさま」のロケ地、旧上岡小学校

旧上岡小学校

最後は「旧上岡小学校」

ここは、たまたま通りかかって入ってみたのですが、NHKの朝ドラ「花子とアン」「おひさま」のロケ地になっていたようです。

また、茨城県で2番目に古い小学校の校舎で、CMとかに出てくる古い小学校は大抵ここなんだとか。

 

旧上岡小学校

中に入るほどの興味は沸きませんでしたが、入り口まで行ってみるとこんな張り紙が。

「コスプレ禁止」

なんじゃそりゃ。

実は、ここに着いた時に見知らぬおばちゃんも、「こんなとこでコスプレするなんてありえないわよねぇ。」とボヤいてたんですよね。

僕は、これらの意味がよく理解出来ていませんでした。

 

しかし、周囲を散策してみてみると、女子高生のコスプレをした女の子と、プロ仕様の一眼レフカメラを持ったデブなおっさんのペアが数組いるではありませんか。

このコスプレイヤーたちのマナーが悪くて禁止になっているみたいです。

 

そして、後で知ったことですが、この小学校はアニメのモデルにもなっていたそうです。

聖地巡礼(っていうんですか?)の対象になっているみたいです。

 

まぁ趣味については、とやかく言わないけど、コスプレ禁止って言われてるのに、平気でコスプレしてるのはどうかと思うよ。

しかも、いい歳したおっさんがやらせてるっていうね。気持ち悪いわ。

 

旧上岡小学校

旧上岡小学校

とは言え、小学校自体は、趣のある雰囲気の良い学校でしたよ。

 

「旧上岡小学校」の基本情報

【住所】〒319-3531 茨城県久慈郡 大子町上岡957-3

 

最後に

以上が今回訪れた観光スポットです。

魅力度最下位なんて言われてますが、結構良いところあるでしょ?笑

これからも良いところが見つかったら、定期的に記事にしていきたいと思います。