Sibatabi

旅の経験を情報として配信するブログ

【ギョレメ】カッパドキアの客引きはひどいらしい。

 2014/09/15 
【ギョレメ】Shoe String

【旅した日:2014年9月8日~9日】

サフランボルでハマム体験をした後は、そのまま夜のバスでギョレメに向かいます。
ギョレメまでダイレクトで行くバスはなく、トルコの首都アンカラ経由になります。

アンカラからサフランボルまでは3時間。

アンカラのバスターミナルは空港並に大きかった!

 

【アンカラ】バスターミナル

バスがずらーっ!!

 

【アンカラ】バスターミナル

乗り場が147番までありました!!

 

【アンカラ】バスターミナル

だからバス会社のオフィスも腐るほどあるし。

 

【アンカラ】バスターミナル

空港みたいな電光掲示板もあるし。

 

【アンカラ】バスターミナル

トイレにハマムも併設されていました。笑

 

そして、更にアンカラからバスに乗ること5時間。
翌日の朝5時にネヴシェヒルという街に到着。
ギョレメまで1時間くらいの距離にある街です

この街は強引な客引きで有名で、騙されてしまう人も多いらしい。

地球の歩き方の口コミによると、

ネヴシェヒルはひどい客引き多し。バス会社の人もイヤイヤやらされている感じで、乗り換えしない客も全て一旦バスを降ろされた。しかも「セルヴィス乗り換え」と言われて。チケットを買う時にネヴシェヒルでセルヴィスに乗り換えるか確認した方が良い。

パムッカレからカッパドキアへの移動中、あやしげな人が、「このバスはカッパドキアまで行かない。俺のバスに乗れ」と言って乗り込んできました。何人かは、その人について行きましたが、無事カッパドキアに着いていました。ただ、変なツアーを買わされてしまったそうです。

とのこと。

 

そして、案の定、今までバスに乗っていなかった奴が乗り込んできてギョレメに行くならここで降りろと言ってくるじゃないか。
しかも、バス会社の人と同じユニフォームを着ている。なかなか手の込んだ客引きだ。

 

ふふふっ!残念だったな!ギョレメに行くならここで降りる必要なないのは知ってるぜ!!

 

でも、念のため、隣の女の子に「あの人バススタッフ?」と聞いてみると、うつむき加減にそうだと答えてくれた。なんだか、おかしい。
そうか。客引きの邪魔をすると後の仕返しがあって、そう答えざるをえないんだろう。
なんてひどいんだ!

 

とりあえずこいつは無視して、最初からバスに乗っていたスタッフにも確認するためにバスを降りてみた。
すると、バスのスタッフも僕らの荷物を降ろすのを手伝っている!!
これもあれだな!客引きにやらされてるんだな!

そのスタッフにギョレメに行くんだけどと伝えると、ここでセルヴィスに乗り換えてくれとのこと。
イヤイヤやらされてる感じが伝わってくる。
なんてひどい!!かわいそうに!

で、最初から乗っている他のバススタッフにも、さっきのやつ、バススタッフ?と聞いてみてもなんだかちゃんと答えてくれない。

 

そんな状況なので、バス降りないよー。ギョレメまで連れてってー。とずっと駄々をこねていたら、痺れを切らしたバススタッフが「いいから降りなさい!」と強めの口調で言ってきた。

え?なんであなたが?
もしかしてなんですけど、怪しんでた方は客引きなんかじゃなくて本当のバススタッフでいらっしゃる?

こうして、結局バスを降りた僕らは、ターミナルからセルヴィスに乗って何事もなくギョレメの街に着くことが出来たのでした。

ちなみに、僕らがバスを降りた瞬間にバスは次の目的地に向けて出発。

お待たせして申し訳ございませんでした!!

 

そして、ホテルに着いた後は、昼過ぎまで爆睡してしまったので、この日は街をぶらぶらして終了です。

 

【カッパドキア】ギョレメの街並み

【カッパドキア】ギョレメの街並み

【カッパドキア】ギョレメの洞窟ホテル

ギョレメの街並み。洞窟の中にあるホテルが有名です。
洞窟ホテルたくさんあるんですけど予算オーバーor満室で泊まることが出来ませんでした。。泊まりたかったー!!

 

【カッパドキア】ギョレメ

近くの丘の上から。奇岩が続きます。

 

【カッパドキア】ぶどう

仲良くなったおじちゃんにぶどう貰った。

 

明日は、カッパドキア観光です!