Sibatabi

旅の経験を情報として配信するブログ

【カイロ】世界3大ウザい国2ヶ国目エジプトに入国!

 2014/09/25 
【カイロ】宿の前の果物屋

【旅した日:2014年9月17日】

イスタンブールから飛行機で3時間。
エジプト・カイロにやって参りました!
インドに次いで、3大ウザい国2ヶ国目エジプトです!!笑
ここから南アフリカのケープタウンまで、陸路でのアフリカ縦断を試みたいと思います!!

エジプトのアライバルビザ取得方法はこちら

カイロの空港では到着したついでに1つやっておかなければならないことがあります。

黄熱病の予防接種です!

アフリカの国々では、黄熱病の予防接種をすると貰えるイエローカードが無いと入国が出来ない国が多々あります。イエローカードなんて、持ってたら退場させられそうな名前ですが、名前どうこうではなく、これは決まりなので必ず取得しておかなければなりません。

で、この黄熱病の予防接種ですが、うろ覚えの記憶ではターミナル1で出来るっぽいので、到着したターミナル3からシャトルバスでまずはターミナル1へ向かいます。

ターミナル1と言ってもいくつかのホールに分かれていて、ツーリストインフォメーションで聞いたら、ホール1にクリニックがあるとのことなので、入ってみました。
ちなみに、入口には「passanger only」って書いてあるけど、余裕で入れました。笑

 

さて、クリニックはと言うと、ちょっと分かりにくいところにありました。
入口から入って一番奥の階段の裏側です。

 

【カイロ】空港内クリニック

ちょっと混みあってます。
早速中に入って、黄熱病のワクチンある?って聞いてみたら、

無いって!!
あらら。。どうしよ。まぁないんじゃしょうがないね。
一旦黄熱病の予防接種は諦めて市内へ向かいましょう!

と、思ったけど、まだ両替してなくてエジプトのお金全く持ってなかったんだ。笑
ターミナル3はスタッフ居なくて両替出来なかったんです。

なので、ターミナル1でとりあえず両替!

ここから、エジプトポンドを手に入れるための闘いが始まります・・・。

 

まずは入口付近の銀行へ。

僕「50豪ドル分両替お願いしまーす!」
スタッフ「あー、無理無理。コンピューター動かないんだわ。あっちの銀行行ってー。」

1件目。両替出来ず。

 

ってことで、奥の銀行へ。
奥の銀行は、立ち入り禁止区域のちょっとだけ奥にありました。

警察「おい、こら!こっから先は入っちゃだめだぞ!」
僕「すんません!ちょっとそこで両替するだけなんで入れてください!マジ金無いんす!」
警察「両替だけか。ならいいぞ!」
僕「あざっす!!」

 

2件目の銀行。

スタッフ「ハロー」
僕「50豪ドル分両替お願いしまーす!」
スタッフ「ごめん。今出来ないんだわ。」
僕「は?さっきの人両替してたじゃん!!じゃあ日本円は?」
スタッフ「ごめん。出来ないわ。これから出国?」
僕「いや、さっき到着したんだけど。」
スタッフ「じゃあ到着ホールで両替しなさい。」
僕「だって、到着ホールの銀行、人いなかったんだもん。」
スタッフ「いいから。到着ホールに行きなさい!」

2件目。両替出来ず。

 

そして、渋々ターミナル1の到着ホールへ。
入口にはおじちゃん警備員。

僕「すんません。両替するだけなんで入れてください。」
おじちゃん「いやいや、ここからは入れられないよ!!」
僕「そこをなんとか!!!」
おじちゃん「ダメダメ!帰った帰った!!」

3件目。辿り着けず。

 

これはやばい。どうにかしなくては。
で、また1件目の銀行に頭下げに行きました。

僕「50豪ドル両替お願いしまーす!」
スタッフ「また来たの?出来ないって。奥の銀行行きなって。」
僕「行ったよ!でも両替して貰えなかったんだって!他も全部ダメだよ!だからお願い!!両替させて!!」

スタッフ、本気で困ってボスに相談。
そして、ボス登場。

ボス「今、コンピューター動かないから本当に手続き出来ないんだよ。奥の銀行行ってみなよ。」
僕「さっき行ったんだって!そしたら両替して貰えなかった!」
ボス「いや、大丈夫だって。もう1回行ってみて。」
僕「じゃあ一緒に来て説明してよ!ホントにノーマネーで困ってんだから。。」

ボス、付いて来てくれる。優しい。

 

立ち入り禁止エリアに到着。

ボス「あー。ここ入れないわ。お金貸しな。俺が両替してきてあげるよ。」

ボス、怪しい。親切だろうけどお金は預けられない。

僕「あー、大丈夫!さっき入れたから俺も行くわ!警察のお兄さん!両替だけだから入れてー!」
警察「オッケーオッケー。」

 

2件目の銀行到着。ボスがアラビア語でスタッフとやり取り。

ボス「ここもコンピューターが動かないみたい。これは両替出来ないね。」
僕「マジ!?じゃあ俺どうすればいいの??マジで1ポンドも持ってないよ!!」
ボス「タクシーに乗って、途中で銀行かATM寄って貰うと良いよ。」
僕「タクシーかぁ。ここから市内までいくら?」
ボス「うーん。150ポンド位(約2,000円)かな。」
僕(高い・・・。)
僕「そういえば、AirMallっていうショッピングモールみたいなの目の前にあったけど、あそこには両替出来るとことかATM無いの?」
ボス「あそこは無いね。」

 

ターミナル1の出発ホール全滅。

ちなみに、ターミナル内でATMを見つけるもお金は引き出せず。

 

これは、タクシーか・・・。

でも、もう一回だけ到着ホールに行ってみようと思い、再度到着ホールへ。

 

おじちゃん警備員が忙しいのを見計らって突入!!

僕「両替だけだから入るよ!!!ねぇいいでしょ!?」
おじちゃん「あー、もういいよ!!入んなっ!!」

第一関門突破!!

 

そして、両替所へ。

僕「50豪ドル分両替お願いしまーす!!」
スタッフ「オッケー!」
僕(コンピューター壊れてんじゃねぇぞー!!)
スタッフ「この金額でいいかい?」←金額忘れた。
僕「もちろんオッケー!!」

両替成功!!

両替後、到着ホールを出る時に警備員のおじちゃんが僕の方を叩いて一言。
「Have a nice trip!」
おじちゃん。マジでありがとう!!

 

空港から市内まではバスでたったの2ポンド(約30円)だった。
頑張った甲斐があった。

でも、このウザい国エジプトで、僕は相当ウザがられてたことでしょう。
出だし好調!!笑

 

【カイロ】宿の前の果物屋

安宿の前の様子。果物がたくさん売ってました。