Sibatabi

旅の経験を情報として配信するブログ

世界一周7ヶ国目!オーストラリア!!

 2013/06/08 
【クアラルンプール】Air Asia

【旅した日:2013年6月5日】

 

10時の飛行機に乗るため、朝5時半に起床。
前日にパッキングはしておいたので、起きてすぐに出発!

まずは、チャイナタウン近くのパサルスーニという駅から
KLセントラル駅を目指します。
目指すとおおげさに言ったけど1駅です。笑

KLセントラル駅からはLCCターミナル行きのバスに乗ります。
行けば分かります!
バスにでっかくLCCTって書いてあるから。
1時間乗って8リンギットでした。

ちなみに、LCC使うときは
クアラルンプール国際空港とは別の空港なんで注意ですよ!
シャトルバスで繋がってるみたいですけど、
時間間に合わなくなったら終わりですからね。

 

空港に着いて、早速チェックインカウンターへ。
初LCCでドキドキ!

LCCはチェックインの際に、預ける荷物の料金を払います。
僕のバックパック17kgで225リンギット(7,000円ちょっと)でした。
結構するんですね。。

事前に登録とかしとくともっと安くなる方法とかあるんですかね?
(※LCCはネットで事前に荷物の登録が必要でした。)

チェックインが終わると搭乗券を貰えます。
この搭乗券が安っぽかったー
スーパーで貰えるレシートみたい。
うっかり捨てそうになるけど、失くさないように注意です。

 

その後なんなく出国して搭乗ゲート付近へ。
LCCは機内食出ないから水(小)2本とカレーパンとサンドウィッチ買っときました。

で、ヒマだからwifi拾ってネットしてたら衝撃の事実が!!
空港泊しようとしてたゴールドコースト空港24時間じゃないじゃん!!

夜11時で閉まるって・・・
やべぇ。。
でも、もうどうしようもないなって開き直って、とりあえず、行ってみることにした。笑

で、遂に搭乗と思ったら水没収された!!
出国後に買ったら普通持ち込んでもいいんじゃないの!?
機内で金落とせってことですか!!?
2本も買って全然飲んで無かったのにーヽ(´□`。)ノ・゚

 

【クアラルンプール】Air Asia

そんな事態もありつつ、初Air asiaに搭乗です!
搭乗口までは歩いて行きます。
当然だけど普通の飛行機でした。笑

 

で、自分の席に付いて気付いたらもう空の上にいました。
びっくりするほど、一瞬で寝てたみたいです!
朝早くて寝不足でしたからねー!

その後も8時間のフライト中、最後の1時間以外ずっと寝てました。笑
しかも、よだれ垂らしっぱなしで、服べっちょべちょ!!
僕寝てる時口元緩いんですよねー

 

目が覚めてボーっとしていると
ゴールドコースト空港の夜景が見えてきました!
海沿いに建物がずらーって並んでてすごい綺麗!!
クアラルンプールから行く人は右側の席がいいですよ!

そんな夜景を眺めながら空港に向かうわけですが、
空港までは、超低空飛行です!

ホントすぐ下に建物が!!
近隣住民は騒音とか大変そうですね。
そりゃ24時間も開けてられんわ。

 

空港は思ったより小さな空港でした。
入国審査も案外簡単で、ビザのコピーとかしてかなくても
チェックされませんでしたよ。

やっぱり髭を剃っといて良かったなって思いました。
それと、シャンプーとリンス使ってなかったのが原因で
引っ掛からなくて良かったなって思いました。

その後、税関で食べ物持ち込んでる?って聞かれたけど
持ってないって行ったら何も検査なしで、出られちゃいました。
本当は、インスタントラーメンとか味噌汁とかコーヒーとか
いろいろ持ってたけどね( *´艸`)

オーストラリア政府には内密にしておいてください!!

 

さて、問題はこれからです。

宿をどうするか。

なんせ、金なし、ガイドブックなし、予約なしの
残念な3拍子揃っちゃってますからね。

しかもゴールドコーストのこと、全然調べてないし。
どこに何があるのかも分からない。

とりあえず、空港のインフォメーションに聞いてみたら
近くにユースホステルがあるみたいだったんで、行ってみることにしてみました。

で、行ってみると無事チェックイン出来ました!
到着したのが夜11時。

中国で作ったYHAのカードが使えたので、
28ドルが25ドル(約2,500円)になりました。

こんな時間にチェックインして25ドル払うなんてもったいな!!
タイで2日過ごせるわ!!
と思ったけど、しょうがないね。

移動で疲れたし、今日はゆっくりすることに決めました。

しかし!!

飛行機で7時間以上寝てたから朝まで眠れなかった。笑
睡眠時間2時間!!

シャワー浴びて、アマルフィ観て、仮眠して25ドル

もったいなっ!!!

 

長文最後までお付き合い頂きありがとうございました。