Sibatabi

旅の経験を情報として配信するブログ

【エジプト】旅のルートと移動情報

 2014/10/02 
【エジプト】カイロ⇒ハルガダ

エジプトの旅で辿ったルートの情報をまとめました。

カイロ⇒ハルガダ⇒アスワン⇒スーダン・ワディハルファと移動しています。

※物価やレートに変動の可能性があるので、ご参考程度にどうぞ。
※レート:1エジプトポンド≒15円(2014年9月時点)

 

カイロ ⇒ ハルガダ

【カイロ】トルゴマーンバスターミナル

【エジプト】カイロ⇒ハルガダ

【移動日】2014.9.21
【移動手段】バス
【移動時間】13:30 ⇒ 20:30
【料金】85ポンド(約1,275円)
【手配方法】
安宿近くのトルゴマーンバスターミナルで購入。

【コメント】
アッパーエジプト社。ハイジェット社、スーパージェット社が安いという情報があったが、ターミナルのオフィスに買いに行ってみるとハルガダ行はアッパーエジプト社のみと言われる。で、当日予約しておいた朝8:30のバスに間に合うように行ってみるとバスが無くなったと言われ、13:30発のバスに振り替えられた。バスの座席は横幅が狭い。トルゴマーンバスターミナルは、ショッピングモールの廃墟の中にあるので、外観からはバスターミナルだと判断し辛い。(写真上)

 

ハルガダ ⇒ アスワン

【エジプト】ハルガダ⇒アスワン

【移動日】2014.9.23
【移動手段】バス
【移動時間】11:30 ⇒ 22:30
【料金】65ポンド(約975円)
【手配方法】
ハルガダのバスターミナルで購入。

【コメント】
アッパーエジプト社。前日に聞いたら10:30出発、当日に聞いたら11:00出発で実際には11:30出発だった。オフィスに行ったらチケットはバスの中で買えと言われる。で、オフィス横でバスを待っていると、オフィススタッフっぽいおっさんに話しかけられ、「このバスはカイロから来るからたぶん席が無い。ドライバーと知り合いで先に電話をして席を取っといてあげる。だから40ポンド払いなさい。」と言われ、断ったら逆ギレされた。実際にバスが来てみると、余裕で座れた。チケットもバス内の購入で問題ない。※旅キロク参照。ただ、このバスはアスワン行きではなく、アスワン方面行きのようで、途中降りる人がいれば大きい街だろうと、小さい街だろうとイチイチ停まるので、すごく時間が掛かる。実際にアスワンまで行ったのは、僕含めて2人だけだった。所要時間は8時間と言われていたところ、大幅に超えて11時間掛かった。
アスワンのバスターミナルから安宿街までは、コルニーシュ行きのマイクロバス(バン)で2ポンド。左側にアスワン駅が見えてくるので、そこで降りれば徒歩で行ける。

 

アスワン ⇒ スーダン・ワディハルファ

【エジプト・スーダン】アスワン⇒ワディハルファ

【エジプト・スーダン】アスワン⇒ワディハルファ

【移動日】2014.9.27
【移動手段】バス
【移動時間】5:00 ⇒ 19:45
【料金】400ポンド(約6,000円)・・・スーダン・ハルツームまでの通しで購入。
【手配方法】
アスワン駅前のチケットオフィスで購入。

【コメント】
2014年8月末に開通したばかりのスーダン行き国際バス。スーダンのハルツームまで通しで購入。事前の情報では言い値500ポンドのはずが、初めから400ポンドで買えた。でも、宿で会った現地のおっちゃんは350ポンドで購入したそう。400ポンドでもボラれてた。ちなみにバス会社はAbu amir社。5:00発だけど4:00に来いと言われたので、4:00に行ったらバスは来てたけど、5:00まで外で待たされた。そこから乗客の大量物資を乗せるのに1時間。乗客とスタッフが喧嘩になって乗客全員で大騒ぎをして30分。結局出発は7時だった。バス自体は綺麗で、乗り心地は悪くない。でも、乗客の物資が多過ぎて通路にまでモノが溢れる。エアコンはガンガン効いていて昼間でも寒い。途中、船ごとフェリーで渡り、その後すぐに国境。ここで、フェリー代なのか港の使用料なのか50エジプトポンドを払わされる。また、国境には3時くらいに着いたけど、乗客の大量物資のせいで、スーダン側の国境を出発出来たのは、7時過ぎ。この区間はバスでほとんど進まない割には時間が掛かる。