Sibatabi

旅の経験を情報として配信するブログ

ペルーのルート|マチュピチュが見えた!マチュピチュ村→クスコのバス・徒歩移動まとめ。

 
マチュピチュ村→水力発電所

マチュピチュ観光を終えて、マチュピチュ村からクスコへと戻ります。復路も往路同様にスタンドバイミーコースで歩き+バスで帰ります。

往路については以下の記事で。

※為替レート(2016年11月時点)
1ソル≒33.5円

マチュピチュ村→水力発電所

マチュピチュ村|メルカド

水力発電所を出発するクスコ行きのミニバスの集合時間は14時半なので、それに間に合うようにマチュピチュ村を出発します。

僕らはだいぶ疲れが溜まっていて、帰りはゆっくり歩きたかったので少し早めに出発しました。宿のチェックアウト時間が9時だったので、9時に宿を出てメルカドで腹ごしらえをして10時前にマチュピチュ村を出発。

ちなみに、後から知った話ですが、地元の人しか乗れないと思っていたマチュピチュ村から水力発電所間の列車も25ドルくらい払えば乗れるみたいです。

 

マチュピチュ村→水力発電所

帰りは小まめに休憩を取ったり、写真を取って遊んだりしながらのんびりと歩きました。

で、半分過ぎたくらいのところで、尖った山が2つあるのを発見。これワイナピチュじゃね?と思ってズームで写真を撮ってみると

 

マチュピチュ村→水力発電所

なんとマチュピチュが見えました。

 

マチュピチュ村→水力発電所

わかりづらいのでさらに拡大。段々畑と見張り小屋が見えると思います。

これにはちょっと感動。

実際にマチュピチュに足を運んでいる&望遠レンズがあったから見つけることが出来ましたが、普通にしてたら絶対に気付かないと思います。まさに天空都市です。

そして、ハイラム・ビンガムはこの山をよじ登ってマチュピチュを発見したんだなーと思うと末恐ろしいですね。

 

マチュピチュ村→水力発電所

そして、13時過ぎに水力発電所駅に到着。バスの集合場所には何もなかったので、この売店でジュースを買って出発時間まで待ちました。

ちなみに、水力発電所駅には綺麗なトイレがあるのでバス出発前に行っておくと良いと思います。

 

水力発電所→クスコ

水力発電所→クスコ

14時過ぎにミニバスの集合場所へ。バスの予約をしていればここで待っていると名前を呼ばれます。

予約をしていない場合でも、ミニバスの客引きがたくさんいるので問題無いと思います。ただ料金は聞き忘れました。

 

水力発電所→クスコ

14時半頃無事に名前を呼ばれてミニバスに乗車。既に人が結構乗っていて良い席を確保出来ず。

バスは乗り込んで割とすぐに出発しました。

 

水力発電所→クスコ

17時過ぎに一度だけ休憩に寄りました。

そしてクスコには20時過ぎに到着。アルマス広場から少し離れた広場で降ろされました。メルカドの近くです。

 

マチュピチュ村→クスコのバス・徒歩移動まとめ

マチュピチュ村→水力発電所

【移動日】2016.12.18
【料金】無料
【手配方法】特になし
【時間】9:40 → 13:10
【所要時間】3時間30分

 

水力発電所→クスコ

【移動日】2016.12.18
【料金】60ソル(約2,010円)→往復で購入
【手配方法】クスコの旅行会社で購入
【時間】14:45 → 20:00
【所要時間】5時間15分