Sibatabi

旅の経験を情報として配信するブログ

グアテマラのルート|チキンバス初体験!セムクチャンペイ→アンティグア→サンペドロ・ラ・ラグーナのバス移動まとめ。

 
グアテマラ|アンティグア→サンペドロ・ラ・ラグーナ

セムクチャンペイからアンティグアを経由してサンペドロ・ラ・ラグーナまで移動した時のバス情報をまとめます。

セムクチャンペイからアンティグアまではシャトルバス、アンティグアからサンペドロ・ラ・ラグーナまではチキンバスを利用しています。

これでなんとか1日で移動出来ました。

※為替レート(2016年9月時点)
1ケツァール≒14円

セムクチャンペイ→アンティグアのシャトルバス

セムクチャンペイの宿のフロントで話を聞いてみたら、セムクチャンペイからサンペドロ・ラ・ラグーナまで行くにはアンティグア経由になるそう。

アンティグアまではシャトルバスが運行していてローカルバスを乗り継ぐのとあまり金額は変わらないようです。なので、前日にシャトルバスのチケットを宿で購入。

シャトルバスは5:15発と7:15発の2便あったのですが、その日のうちに着きたいので5:15発を選択しました。料金は125ケツァール(約1,750円)

7:15発のバスはもう少し高かったと思います。

ちなみに、このシャトルバスはすぐ埋まってしまうので、前日の16時くらいまでに予約を入れた方が良いとフロントの人が言っていました。

 

グアテマラ|セムクチャンペイ→アンティグア

迎えのバスは5:15ちょっと前にホテル前に来てくれました。シャトルバスというより、普通の路線バスみたいです。セムクチャンペイからランキンまではまたトラックの荷台に乗って行くのかと思っていたので普通のバスでびっくりしました。

バックパックはバスの上に乗せてくれるんですが、朝露か何かでビチョビチョになってしまいました。

 

グアテマラ|セムクチャンペイ→アンティグア

6時過ぎにランキン到着。ここでローカルバスからシャトルバスに乗り換えです。

そして、ここで問題発生。一緒のバスに乗る予定の2組がフローレスでこのバスのチケットを買ったっぽくて、案の定予約が入っていないということで揉めていました。2組ともスペイン語圏の人たちでしたが、それでも騙されてしまうんですね。やっぱりフローレスの旅行会社は信用しない方が良さそうです。

フローレスの旅行会社について、詳しくはこちらの記事で。

で、揉めていた2組は何とか乗せて貰えることになったようですが、更にランキンの宿の他の乗客をピックアップしに行って、結局ランキンを出発したのが7時前くらい。

 

グアテマラ|セムクチャンペイ→アンティグア

その後、アンティグアまでは8:30と11:00に2回休憩がありました。

8:30の休憩の時には追加で2人乗車。既に予定より4人多く乗っていて定員オーバーなため、一番後ろに座っていた僕らは3人掛け席に4人で座る羽目になってしまいました。

なんで僕らがしわ寄せを喰らわなければいけないのか・・・。

あとアメリカ人のパーティピーポーが騒いでて、マジでうるさくてダブルでイライラが止まりませんでした。

そんな感じでアンティグアには14時過ぎに到着。

 

 

アンティグア→サンペドロ・ラ・ラグーナのチキンバス

アンティグアからサンペドロ・ラ・ラグーナまでもシャトルバスを利用しようとしたんですが、シャトルバスの客引きがあまりにもしつこく語学学校の営業をしてきてウザ過ぎたので、シャトルバスの利用は辞めてチキンバスでサンペドロ・ラ・ラグーナまで向かうことにしました。

あまりにしつこいと僕も意地になって、あえて別の手段を選択したくなっちゃうんですよね。

ちなみに、アンティグアからサンペドロ・ラ・ラグーナまでのシャトルバスは80ケツァール(約1,120円)だそうです。

 

グアテマラ|アンティグア→サンペドロ・ラ・ラグーナ

アンティグアからサンペドロ・ラ・ラグーナまでチキンバスで行く場合、2回の乗り継ぎが必要でした。乗り継ぎ地はバスの料金係にサンペドロ・ラ・ラグーナに行きたいと伝えておけば教えてくれます。

 

アンティグア→チマルテナンゴ

グアテマラ|アンティグア→サンペドロ・ラ・ラグーナ

まずは、アンティグアから第一の乗り継ぎ場所「チマルテナンゴ」まで移動します。アンティグアのチキンバス乗り場はメルカドの西側にあって、客引きがいるので「サンペドロ・ラ・ラグーナ」と伝えればバスを教えてくれます。

バックパックもバスの屋根に乗せてくれますが、扱いが雑なので注意です。降りるときは屋根の上から地面に放り投げられたりします。そのせいか相方はボディクリームがバックパックの中で破裂してエライことになっていました。

チマルテナンゴまでは5ケツァール(約70円)で14時半頃に乗車。

 

グアテマラ|アンティグア→サンペドロ・ラ・ラグーナ

グアテマラに来て初のチキンバス。チキンバスはアメリカから流れて来た中古のスクールバスを改装して作ったローカルバスです。名前の由来は、鶏を大量に運んでいたからとか、鶏のように人を詰め込むからとか諸説あるようです。

 

グアテマラ|アンティグア→サンペドロ・ラ・ラグーナ

チマルテナンゴのバスの乗り換え地には15時半頃到着。

「CA1(Carretera Panamerica)」というグアテマラ国内を東西に延びる大通りと交差するあたりで下車して、CA1を西方面に進むバスを捕まえます。

 

チマルテナンゴ→???

乗り換えのバスはすぐに捕まって料金は20ケツァール(約280円)

このバスでCA1をひたすら西に進みます。カーブが多いのにかなりスピードを出すので、遠心力でめちゃくちゃ横に振られます。

 

グアテマラ|アンティグア→サンペドロ・ラ・ラグーナ

名前の由来通り鶏のように人が詰め込まれます。無理やり3人掛けシートを入れているので通路が激狭。しかも、大人の男性が3人座れるような幅ではないので通路にハミ出して座っている人も多数です。

酷いときは全員通路にハミ出しているので、バスを降りるのも一苦労です。

 

???→サンペドロ・ラ・ラグーナ

グアテマラ|アンティグア→サンペドロ・ラ・ラグーナ

で、17時くらいに次の乗り継ぎ地に到着。いつの間にか標高2,000mまで登ってきていて結構寒い。

次はCA1から湖方面に入っていくバスを捕まえます。この青い看板の下あたりで待っていれば次のバスを捕まえられます。

 

グアテマラ|アンティグア→サンペドロ・ラ・ラグーナ

30分くらい待ってサンペドロ・ラ・ラグーナ行きのバスが到着。バスの正面に「SN PEDRO LA LAGUNA」と書いてあるのでわかると思います。

料金は20ケツァール(約280円)

ここではたくさんのミニバスが湖方面に向かっていきますが、サンペドロ・ラ・ラグーナ行きは大きいチキンバスのみだそうです。

この乗り継ぎ地を17時半頃出発して、サンペドロ・ラ・ラグーナに到着したのは19時過ぎでした。山道なので距離の割に時間が掛かります。サンペドロ・ラ・ラグーナはメルカド裏の教会あたりに着きます。

 

セムクチャンペイ→サンペドロ・ラ・ラグーナのバス情報まとめ

セムクチャンペイ→アンティグア

【移動日】2016.9.5
【料金】125ケツァール(約1,750円)
【手配方法】宿で前日に購入
【時間】5:15 → 14:00
【所要時間】 6時間45分(休憩2回)

 

アンティグア→サンペドロ・ラ・ラグーナ

【移動日】2016.9.5
【料金】45ケツァール(約630円)
【手配方法】その場で乗車
【時間】14:40 → 19:00
【所要時間】 4時間20分(乗り換え2回)