Sibatabi

旅の経験を情報として配信するブログ

【タイ】旅のルートと移動情報

 2013/06/01 
【タイ】バンコク⇒カンボジア・シェムリアップ

タイの旅で辿ったルートの情報をまとめました。

旅のルートは下記の通りです。

2014年:バンコク⇒チェンマイ⇒パーイ⇒チェンマイ⇒バンコク⇒シェムリアップ//バンコク⇒ネパール・カトマンズ
2013年:バンコク⇒チェンマイ⇒ミャンマー・タチレク⇒チェンマイ⇒バンコク⇒タオ島⇒マレーシア・クアラルンプール

※物価やレートに変動の可能性があるので、ご参考程度にどうぞ。

 

2014年の旅のルート情報

1タイバーツ≒3.14円(2014年6月時点)

バンコク ⇒ チェンマイ

【タイ】バンコク⇒チェンマイ

【移動日】2014.6.21
【移動手段】バス
【移動時間】19:20 ⇒ 翌6:00
【料金】400バーツ(約1,256円)
【手配方法】
カオサンロードのサワディーアンコールツアーで購入。

【コメント】
悪名高いツーリストバスを利用。案の定、預けたバックパックの中は荒らされていた。更にチェンマイの10km手前のガソリンスタンドでバスが動かなくなってしまい、タクシーで行くように言われる。バスのスタッフは「ここはチェンマイでちゃんとチェンマイまで連れてきた。」という主張でタクシー代は別で払うように言われ、乗客みんなで抗議するも、タクシーを使わないとどうにもならない状況なのでみんな渋々タクシーを利用した。僕らは、ヒッチハイクでチェンマイ市内を目指した。

 

チェンマイ ⇒ パーイ

【タイ】チェンマイ⇒パーイ

【移動日】2014.6.22
【移動手段】バス(バン)
【移動時間】8:30 ⇒ 11:45
【移動距離】
【料金】150バーツ(約471円)
【手配方法】
チェンマイのバスターミナルで購入

【コメント】
1時間に1本出ていました。途中で1回休憩有り。休憩後はカーブの多い山道を走り続けるので、車酔いしやすい人は、予め酔い止めを飲んでおいた方がよさそう。

 

パーイ ⇒ チェンマイ

【移動日】2014.6.24
【移動手段】バス(バン)
【移動時間】12:00 ⇒ 15:00
【移動距離】
【料金】150バーツ(約471円)
【手配方法】
パーイのバスターミナルにて購入。

【コメント】
12:00発の1日1本だけのローカルバス(80バーツ)に乗ろうとしたが、出発15分前に行くと既に満席だったため往路と同じバス(バン)を利用。ちなみにローカルバスはエアコンなしでチェンマイまで4時間掛かる。チェンマイのバスターミナルからターペー門までは乗り合いのソンテウで20バーツ。

 

チェンマイ ⇒ バンコク

【タイ】チェンマイ⇒バンコク

【移動日】2014.6.26
【移動手段】バス
【移動時間】21:00 ⇒ 翌6:00
【移動距離】
【料金】420バーツ(約1,319円)
【手配方法】
チェンマイのアーケードバスターミナルにて購入。

【コメント】
ツーリストバスが450バーツに値上がりしていたうえに、往路のような盗難の心配があったため、レンタルバイクもあったので、バスターミナルまで買いに行った。すると、閑散期ということもあってか、各バス会社が勝手に値下げをしてくれて、560バーツのバスが420バーツまで下がった。バスはエアコン、トイレ付きで、ブランケット有、軽食と水のペットボトルも貰える。バンコクには北バスターミナルに到着し、そこから3番のバス(6.5バーツ)でカオサンまで行ける。

 

バンコク ⇒ シェムリアップ

【タイ】バンコク⇒カンボジア・シェムリアップ

【移動日】2014.7.2
【移動手段】バス
【移動時間】7:30 ⇒ 18:00
【移動距離】
【料金】200バーツ(約628円)
【手配方法】
カオサンのセールをやっていた旅行会社で購入。寺裏に入って行く通りの向かい側くらい。

【コメント】
たぶんシェムリアップまで最安料金。と、思いきやe-visaを取得済みにも関わらず、国境手前のレストランで降ろされて出入国カード代100バーツ払わされる。ビザを取っていない人たちはビザ代で40ドルくらい請求されていた。

 

バンコク ⇒ (デリー) ⇒ カトマンズ

【Indigo】バンコク⇒(デリー)⇒カトマンズ

【Indigo】バンコク⇒(デリー)⇒カトマンズ

【移動日】2014.7.10
【移動手段】飛行機
【移動時間】12:35 ⇒ 19:10
【料金】5,927バーツ(約18,611円)
【手配方法】
IndiGoのサイトにて購入。

【コメント】
旅行会社周りとスカイスキャナーで安い航空会社を調べ、直接サイトで予約。IndiGoはLCCだけど、エアアジアよりも席が広くて快適だった。飛行機自体も綺麗。

 

2013年の旅のルート情報

※レート:1タイバーツ≒3.56円(2013年4月時点)

バンコク ⇒ チェンマイ

【移動日】2013.4.17
【移動手段】バス
【移動時間】19:00 ⇒ 6:00
【料金】500バーツ(約1,780円)
【手配方法】
ナット2隣にあるCH2というゲストハウスで友達が購入してくれた。

【コメント】
ソンクラーンが明けてすぐだったため、料金が高い。バスはエアコンがかなり効いていて、夜中は上着がないと寒い。チェンマイのバスターミナルからは、無料でターペー門まで送ってもらえる。

 

チェンマイ ⇔ ミャンマー・タチレク

【タイ】チェンマイ⇒タチレク

【移動日】2013.4.21
【移動手段】バス+ソンテウ
【移動時間】
【料金】バス往復468バーツ(約1,666円)+ソンテウ往復30バーツ(約107円)
【手配方法】
チェンマイのアーケードバスターミナルにて往復で購入。

【コメント】
ビザランのために、ミャンマーへ日帰り観光。チェンマイからメーサーイまでバスで移動し、メーサーイのバスターミナルから国境まではソンテウで片道15バーツ。帰りのバスは日が暮れてきたのもあって、エアコンがかなり効いてて寒い。もう少し安いバスもあるそうですが、グリーンバスというバス会社のこのバスしか見つからなかった。混んでたから少し高くなってたのかも。バス内は綺麗で水とお菓子が出ました。ビジネスクラスみたいな席もあります。

 

チェンマイ ⇒ バンコク

【移動日】2013.4.30
【移動手段】バス
【移動時間】19:00 ⇒ 6:00
【料金】300バーツ(約1,068円)
【手配方法】
宿の近くの旅行会社で購入。

【コメント】
値段の安さに惹かれて、盗難が多いというツーリストバスを利用。実際盗難には遭わなかったが、バックパックを漁られた形跡が・・・お金に余裕があるなら利用しない方が無難かも。

 

バンコク ⇒ タオ島

【タイ】チュムポーン⇒タオ島

【移動日】2013.5.17
【移動手段】バス+ボート
【移動時間】バス19:00 ⇒ 3:30/ボート6:30 ⇒ 9:30
【料金】ダイビングライセンス取得の特典で無料。
【手配方法】
カオサンの旅行会社サワディーアンコールツアーで手配。

【コメント】
ダイビングライセンス取得の特典でバンコク-タオ島の往復交通費が無料。ただ、今回はタオ島の後にマレーシアに下る予定なので片道だけ利用。バンコクからはバスでまずチュムポーンへ向かい、そこからボートでタオ島へ。ボートは冷房が効いててかなり寒い。タオ島の港に着くとリゾートのスタッフが迎えに来てくれてました。

 

タオ島 ⇒ スラターニー

【タイ】タオ島⇒スラターニー

【移動日】2013.5.27
【移動手段】フェリー
【移動時間】21:00 ⇒ 5:00
【料金】無料
【手配方法】
ブッダビューリゾート近くの旅行会社で手配

【コメント】
バンコク-タオ島往復交通費無料ダイビング特典の復路を利用しない代わりに、タオ島からスラターニー間のフェリー代だけ負担して貰えた。本当はダメみたいなんだけど、特別に。このフェリーは清潔でエアコンの効き具合も丁度良い。下手な安宿より快適。

 

スラターニー ⇒ ハジャイ

【移動日】2013.5.28
【移動手段】ミニバス
【移動時間】6:00 ⇒ 11:30
【料金】家計簿記載漏れ。。
【手配方法】
スラターニーの旅行会社で手配。

【コメント】
バスターミナルは空いてないからと、スラターニーの港からソンテウで連れて行ってもらった旅行会社にて手配。料金は家計簿に記載が漏れていました。このミニバスにはこれでもかというくらい人と荷物を詰め込まれ、全く身動きが取れない状態でハジャイまで。ハジャイでもワケの分からないところで降ろされる。

 

ハジャイ ⇒ クアラルンプール・マレーシア

【移動日】2013.5.28
【移動手段】列車
【移動時間】16:00 ⇒ 5:00
【料金】450バーツ(約1,602円)
【手配方法】
ハジャイ駅の窓口で購入。

【コメント】
当日予約のせいか、寝台が空いておらず、渋々座席で予約。憧れのマレー鉄道と思ったが、案外大したことはなかった。列車内はエアコンが効き過ぎていて、上着を着て更に友達にウィンドブレーカーのズボンを借りて丁度良いくらいだった。