Sibatabi

旅の経験を情報として配信するブログ

ボゴタの安宿|ボゴタ観光にも便利な立地。旧市街にある準日本人宿「SAYTA HOSTAL2」

 
ボゴタの安宿|SAYTA HOSTAL2

ボゴタの安宿を紹介します。

※為替レート(2016年10月時点)
1ペソ≒0.035円

SAYTA HOSTAL2

ボゴタの安宿|SAYTA HOSTAL2

ボゴタでは旧市街にある「SAYTA HOSTAL2」に泊まりました。

「SAYTA HOSTAL2」は、メデジンの日本人宿「Casa Shuhari Medellin」のオーナーゆうすけさんの彼女さんが経営する宿で、日本人と韓国人のお客さんが多いようです。

「Casa Shuhari Medellin」についてはこちら。

 

ボゴタの安宿|SAYTA HOSTAL2

ドミトリーは2段ベッドが3つの6ベッドルーム。

室内にバスルームも付いています。シャワーは、中米でよくあったシャワーヘッドで水を温めるタイプで、蛇口をあるところまで捻るとお湯になって、そこから捻れば捻るほど水の比率が増えるという仕組みです。お湯が出ている時はシャワーヘッドから「コォー」と言う音がするのでわかると思います。

ドミに泊まっていた人たちが、みんな「ここのシャワーはぬる過ぎる」と言っていたんですが、お湯に切り替わるギリギリのところで利用すれば十分温かいシャワーが浴びられます。

ボゴタは寒いのでヌルいシャワーを浴びて風邪をひかないように注意です。

寒い場合は毛布を追加で貸してもらうことも出来るようです。

あとは、室内に小さいですがロッカーもありました。

 

ボゴタの安宿|SAYTA HOSTAL2

ドミの照明は日本風の提灯型でした。

 

ボゴタの安宿|SAYTA HOSTAL2

階段の照明も提灯でした。壁には桜っぽい絵が描いてあって可愛いです。

他にも日本のアニメの絵とかも書いてありましたよ。

 

ボゴタの安宿|SAYTA HOSTAL2

ドミトリーと同じ階にテラスもありました。喫煙はこちらで。

ここで少し洗濯物も干せます。

 

ボゴタの安宿|SAYTA HOSTAL2

綺麗なキッチンも付いていました。

 

ボゴタの安宿|SAYTA HOSTAL2

そして、朝食も付いています。時間は朝8時半から10時半まで。

 

ボゴタの安宿|SAYTA HOSTAL2

パンとジャム、ゆで卵、バナナ、コーヒーでした。このパンが地味に美味しかった。

 

「SAYTA HOSTAL2」の宿泊情報まとめ

【宿泊時期】
2016.11.2 – 11.3(1泊)

【部屋タイプ】
ドミトリー

【料金】
25,000ペソ(約875円)

【設備・サービス】
共同トイレ・シャワー(お湯・水圧良好)/WiFi/キッチン/洗濯物干しスペース/朝食

【立地】

ボゴタの安宿|SAYTA HOSTAL2

トランスミレニオの「Las Aguas」駅から徒歩10分くらい。バスターミナルから「Las Aguas」駅までの行き方は以下の記事で。

「SAYTA HOSTAL2」は旧市街に位置するので、ボリバル広場、ボテロ博物館、黄金博物館、モンセラーテの丘へのロープウェイ・ケーブルカー乗り場等の主要観光スポットまで全て徒歩圏内です。

旧市街の各スポットをまとめた無料の地図も貰えます。

また周辺にはお洒落なカフェもたくさんありました。

僕らが宿泊した時には、日本語の話せるゆうすけさんの彼女さんがメデジンに行っていて不在でしたが、1人英語が話せる人が居て周辺の情報を色々と教えてもらえました。通常ならゆうすけさんの彼女さんも居るので色々と丁寧に教えてもらえると思いますよ。観光マップも貰えます。

【オススメ度】
★★★★★★★☆☆☆