Sibatabi

旅の経験を情報として配信するブログ

世界一周5ヶ国目!?ミャンマーへビザラン!!

 2013/04/24 
【タチレク】タイ・ミャンマー国境

【旅した日:2013年4月21日】

タイに陸路で入国した場合、ビザなしで滞在できるのは15日間だけ。

なので、陸路で入国した旅行者の多くは一度タイ国外に出国して、また入国し直し、さらに15日間、ビザなしで滞在する権利を得る方法を取ります。
これを専門用語でビザランというみたいです。

チェンマイからは日帰りでミャンマーにビザランをしに行けます。
ミャンマーは、基本空路でしか入国出来ないんですが、タイ北部のメーサーイというところから、タチレクという地域には陸路で入国が可能なんです!

僕も、5月2日の帰国までに15日を超えてしまうので、ミャンマーにビザランしてきました!
カンボジアのプレアヴィヒア観光の時に知り合った世界一周中の鎌田さんも一緒です!

チェンマイからはアーケードバスターミナルから往復で468バーツ。
事前情報ではもう少し安そうだったんですが、混んでいたせいか若干高めでした。
バス会社はグリーンバスオンリーみたいです。

 

【タイ】チェンマイ⇒タチレク

【タイ】チェンマイ⇒タチレク

結構綺麗なバスです。
水とお菓子とパンが出ました。
しかも、前の方はビジネスクラスみたいに

ふかふかの3列シートになってます。

 

【タイ】チェンマイ⇒タチレク

バスの前の席に座ってた子ども。
僕が寝てる時も無理矢理起こして遊ぼうとするやんちゃな子です。

 

メーサーイのバスターミナルからはソンテウで15バーツで行けます。
結構遠いです。

 

【タチレク】タイ・ミャンマー国境

タイ側国境!
手前のはタイ最北端の標識!?

 

【タチレク】タイ・ミャンマー国境

タイのイミグレとミャンマーのイミグレは橋で繋がってます。
見づらいかもしれませんが、途中からタイの国旗からミャンマーの国旗に変わってます。

 

DSC_0163_R

橋の上には屋台もあります。
このおばちゃんになんだかぼられたっぽい。

 

【タチレク】タイ・ミャンマー国境

橋の上から。
右側がタイ、左側がミャンマー

ミャンマーのイミグレでは入国手続きとあわせて、観光手数料500バーツを支払います。まれに米ドルで受取ってくれる場合があるみたいで、その時は、5ドルで良いみたい。
こっちの方が絶対お得じゃんね!!

 

【タチレク】タイ・ミャンマー国境

で、入国手続きが終わるとイミグレにパスポートを預けて、こんな入国許可証みたいなものをもらいます。
国境でこれを見せれば、入国完了!

 

【タチレク】タイ・ミャンマー国境

世界一周5ヶ国目ミャンマーへ入国です!!

 

【タチレク】マーケット

国境越えてすぐにあるマーケット。
歩いて行ける見どころはここくらい。1時間あれば十分です

ちなみに、ここのマーケットで売っているものは、ほとんどが偽物商品で、タイへの持ち込みは禁止されています。
ぶっちゃけバレないとは思いますが。

僕はここで、念願のプラスチックのトランプを買いました!
あと、カメラの三脚も買っておけば良かったと少々後悔。
220バーツ(約700円)と激安だったんですよー!

 

で、特に見るものも無くなったんで、再びタイへ。
ミャンマーのイミグレでパスポートを返してもらって、
橋を渡っていると、お酒屋さんを発見!!

 

【タチレク】タイ・ミャンマー国境

タイとミャンマーの間にあるから、もしや免税店かと思って値段を見てみると

 

【タチレク】タイ・ミャンマー国境

やっぱり安い!!
いつも飲んでるチャンビールが4バーツ安くて25バーツ!
シンハも25バーツだった!!

でも、あれ?
この左上にあるのは・・・

 

【タチレク】タイ・ミャンマー国境

ビアラオ先生じゃないですか!!
ご無沙汰してます!
こんなところでお会いできるとは思っていませんでした!

ビアラオはラオスのビールで、めっちゃうまいんですよー!
もう、何も考えずに即購入しました

ビアラオを飲んでご機嫌になりながら、タイの入国審査も無事通過!

また、ソンテウでバスターミナルへ。

 

【タチレク】タイ・ミャンマー国境

混んでる。

 

【タチレク】タイ・ミャンマー国境

後ろに捕まって乗るの気持ち良かった!

 

帰りのバスは、日が沈んで来てたのもあって、エアコンがかなり効いてました。。
何か羽織るものを持っていくことをオススメします。

ちなみに、チェンマイのカドスワンケーオショッピングセンター近くのランクルツアーという日本人経営の旅行会社では、650バーツで、日帰りビザランツアーをやっています。

でも、滞在時間が出入国手続き分の1時間しかないというのと、ソンテウ代を含めても自己手配の方が安いので、僕は自分でバスで行くことをオススメします。

以上、ミャンマーの日帰りビザラン情報でした!