Sibatabi

旅の経験を情報として配信するブログ

【トルコ】旅のルートと移動情報

 2014/09/25 
【トルコ】デニズリ⇒イスタンブール

トルコの旅で辿ったルートの情報をまとめました。

ワン⇒(エルズルム)⇒トラブゾン⇒サフランボル⇒(アンカラ)⇒ギョレメ⇒パムッカレ⇒イスタンブール⇒エジプト・カイロと移動しています。

トルコのバスは基本的に飛行機のCAのようなスタッフが付いて、お菓子、飲み物を配ってくれます。そして、どのバスもモニター付きでした。
また、基本的にオトガル(バスターミナル)と市内のバス会社を結ぶ(セルヴィス)無料送迎が付いています。

※物価やレートに変動の可能性があるので、ご参考程度にどうぞ。
※レート:1トルコリラ≒49円(2014年9月時点)

 

ワン ⇒ エルズルム

【トルコ】ワン⇒エルズルム

【トルコ】ワン⇒エルズルム

【トルコ】ワン⇒エルズルム

【移動日】2014.9.2
【移動手段】バス
【移動時間】22:00 ⇒ 翌4:30
【料金】50リラ(約2,450円)
【手配方法】
ワン市内のMetro turizm社オフィスで購入。

【コメント】
オトガルまではバス会社のセルヴィスで無料送迎。バスは高いだけあって豪華。席ごとにモニター付き。USBポートもある。また、CAのような世話役がカートでジュースを配ってくれる。コーラかファンタオレンジかチャイ。チャイはティーパック。お菓子も有。まるで飛行機のようなサービス。

※トラブゾンへの直通便は12:00発

 

エルズルム ⇒ トラブゾン

【トルコ】エルズルム⇒トラブゾン

【トルコ】エルズルム⇒トラブゾン

【移動日】2014.9.3
【移動手段】バス
【移動時間】6:30 ⇒ 12:30
【料金】35リラ(約1,715円)
【手配方法】
エルズルムのオトガルで購入。

【コメント】
URUSOY社で30リラのバスもあったけど、満席らしく乗れず。CESUR BINGOL TURIZM社のこのバスも元は1人40リラから3人で100リラまで下がった。学割にしてくれたみたいだけど学生証は必要なかった。トラブゾン手前の町でバスの乗り換え有。
トラブゾンのオトガルから安宿の近いメイダン公園まではドルムシュで1.75リラ。

 

トラブゾン ⇒ サフランボル

【トルコ】トラブゾン⇒サフランボル

【トルコ】トラブゾン⇒サフランボル

【トルコ】トラブゾン⇒サフランボル

【トルコ】トラブゾン⇒サフランボル

【移動日】2014.9.5
【移動手段】バス
【移動時間】15:00 ⇒ 5:00
【料金】80リラ(約3,920円)
【手配方法】
トラブゾン市内のMetro turizm社オフィスで購入。

【コメント】
この区間を運行しているバス会社は2社しかなく、もう一つのUlusoy社は満席。もしかしたら、こっちの方が安かったのかもしれない。オトガルまではバス会社のセルヴィス有。バスは一番後ろの席にも関わらず4人掛けて広々。出発前にアイスが配られてこれが美味しい。最初の休憩所でチャイを頼んだら無料だった。到着はオトガルではなく、幹線道路沿いのガソリンスタンドに降ろされる。そこから旧市街までは2kmで歩いて40分くらい。

 

サフランボル ⇒ アンカラ

【トルコ】サフランボル⇒アンカラ

【トルコ】サフランボル⇒アンカラ

【移動日】2014.9.8
【移動手段】バス
【移動時間】18:30 ⇒ 21:30
【料金】30リラ(約1,470円)
【手配方法】
サフランボル・クランキョイのKAMIL KOK社オフィスで購入。

【コメント】
ギョレメまでの直通便がないので、アンカラ経由。アンカラからの夜行便に合わせて出発。アンカラのオトガルは空港並みに広いので出発ターミナルを間違えないように注意。
サフランボルの旧市街からバス会社のオフィスのあるクランキョイまでは、バスで1.5リラ。

 

アンカラ ⇒ ギョレメ

【移動日】2014.9.9
【移動手段】バス
【移動時間】0:30 ⇒ 6:00
【料金】38リラ(約1,862円)
【手配方法】
サフランボル・クランキョイのKAMIL KOK社オフィスで購入。

【コメント】
サフランボルでアンカラからギョレメ行きのバスが手配出来たのはこの会社とMetro社のみ。Metro社は15:30発しかないと言われ料金は40リラ。
ギョレメ手前のネヴシェヒルのオトガルで降ろされ、そこからはギョレメのオトガルまではセルヴィスだった。ただ、ギョレメまで直行で行くバスもあるらしいので、ここではそういうシステムなのか客引きなのかの見極めに注意。※旅キロク参照

 

ギョレメ ⇒ パムッカレ

【トルコ】ギョレメ⇒パムッカレ

【トルコ】ギョレメ⇒パムッカレ

【移動日】2014.9.11
【移動手段】バス
【移動時間】20:00 ⇒ 5:30
【料金】50リラ(約2,450円)
【手配方法】
ギョレメのオトガルで購入。

【コメント】
Nevsehir社。元は55リラのところを交渉して50リラに。他の会社は下がらなかった。ギョレメのオトガルからバスに乗れるが、このバスがネヴセヒルのオトガルまで行くセルヴィス代わりになっていて、他の都市へ行くお客さんも乗っている。なので最初は自由席。で、ネヴセヒルで他のお客さんが降りたら、指定の席に移動する。乗ってくるお客さんもいて、通路が混み合って結構めんどくさい。バス内はwifi付。デニズリでは、幹線道路で降ろされそこからセルヴィスでパムッカレへ向かう。

 

デニズリ ⇒ イスタンブール

【トルコ】デニズリ⇒イスタンブール

【移動日】2014.9.14
【移動手段】バス
【移動時間】0:00 ⇒ 11:00
【料金】65リラ(約3,185円)
【手配方法】
パムッカレのMetro turizm社オフィスで購入。

【コメント】
この区間は移動時間に対して金額が高い。相場は70~80リラ。MetroとKamil kocが70リラまで下がったのでKamil kocにしようとしたけどKamil kocのスタッフではなさそうなその辺の人が勝手にオフィスに入ってチケットを売ろうとするので、信用できなくて辞めた。最初に料金を聞いた時もそんな感じで、2回とも別の人で料金も違った。で、Metroに行ったら65リラのチケットがあったので迷わずこちらで購入。ただ、メトロのセルヴィスは夜の7時で終わってしまう(しかも、日によって走らせるかどうかも分からない)らしい。僕の時はセルヴィスが無かったので、Metroのオフィス前から出るドルムシュでデニズリへ。ドルムシュは3.5リラで22時位まで走ってるそう。
イスタンブールではMetro社専用のオトガルに到着。そこからアクサライまでセルヴィスに乗って、そこから安宿街まではトラムで2.15リラ。

 

イスタンブール ⇒ エジプト・カイロ

【エジプト航空】イスタンブール⇒カイロ

【エジプト航空】イスタンブール⇒カイロ

【移動日】2014.9.16
【移動手段】飛行機
【移動時間】14:00 ⇒ 16:10
【料金】23,970円
【手配方法】
エジプト航空のホームページで購入。

【コメント】
エジプト航空は座席がビジネスクラスかっていうくらい広々。また機内食も美味しい。アルコールは飲めなかった。
アタトゥルク空港を利用。安宿街から空港まではエアポートバスで5ユーロ。市内の各旅行会社で申込可。また、自力で行く場合は、トラムでアクサライまで行き、そこからメトロに乗り換え。アクサライから空港までは約30分。トラムとメトロの料金は各2.15リラ。
カイロの空港から市内(ヒルトン前のバス停)までは、38番?(157とも書いてあった。)のバスで2ポンド(約30円)。渋滞していたため市内までは1時間半位掛かった。席に荷物を置くならもう2ポンド払えと言われたけど、足もとに置けば問題ない。