Sibatabi

旅の経験を情報として配信するブログ

アスンシオンの安宿、日本人宿「民宿らぱちょ」は旅人の痒いところに手が届く。

 2017/06/17 
アスンシオンの日本人宿「民宿らぱちょ」

アスンシオンで泊まった日本人宿「民宿らぱちょ」について紹介します。

※為替レート(2017年1月時点)
1グアラニー≒0.02円

アスンシオンの日本人宿「民宿らぱちょ」

アスンシオンでは元バックパッカーのご夫婦が経営する日本人宿「民宿らぱちょ」に泊まりました。

予約をせずに飛び込みで行ったら、ベッドが1つしか空いていなかったんですが、特別に僕だけソファに寝かせてもらいました。

ベッド数が少なく、長期で滞在している人も少なくないようなので、事前に予約をして行くようにしましょう。

「民宿らぱちょ」のホームページは以下のリンクから。

写真付きで宿までの行き方も紹介されているので助かります。

また、チェックイン時には、アスンシオンの各スポットや行き方、バスの路線図の書かれたマップも貰えるので、町歩きには重宝します。

 

アスンシオンの日本人宿「民宿らぱちょ」

まず、こちらが宿に入ってすぐの共有スペース。

宿というより、オーナーの家庭に泊まらせて貰うような感覚ですね。

共有スペースには、大量のガイドブックや日本の漫画、小説、情報ノートが置かれているのでついつい読み耽ってしまいます。笑

ソファの居心地も抜群。

また、オーナー夫婦にはお子さんもいて、共有スペースはお子さんの遊び場になっています。笑

元保育士の相方はずっと一緒に遊んでいました。

 

アスンシオンの日本人宿「民宿らぱちょ」

共有スペースの奥がベランダ。

ここが喫煙スペースであり、洗濯物干し場です。

洗濯物干し場がある宿はまぁそこそこありますが、なんとこの宿、 洗濯機の利用も無料です。もちろん、洗剤は自分で用意する必要がありますが、十分ありがたい。旅中って洗濯機の便利さをホントに痛感しますよね。笑

さすが、元バックパッカーのご夫婦だけあって、この辺のサービスはきめが細かいです。旅人の痒いところに手が届いています。

あ、あとパラグアイのタバコはケンタッキーという銘柄がたった2,000グアラニー(約40円)で買うことが出来ます。味もまぁまぁ。ただし、ソフトで購入してください。ハードの箱だと何故か3,000グアラニー(約60円)です。笑

 

アスンシオンの日本人宿「民宿らぱちょ」

キッチンも使わせて貰えます。

しかも、油、塩、砂糖は自由に使ってオッケー。また、旅人が置いていった各種調味料も置いてあるので、自炊が捗ります。

歩いていける距離にスーパーもあるので便利です。ちなみに自炊をしなくても、スーパーの2階に量り売り形式のフードコートがあります。安くて美味しいものが食べられるのでオススメですよ。

 

また、無料でウォーターサーバーの水も飲めます。

朝食も付いていて、内容はパンとジャム、マーガリン、ドゥルセ・デ・レチェ(キャラメルソース)、コーヒー、紅茶です。

 

アスンシオンの日本人宿「民宿らぱちょ」

そして、最後にドミトリー。

料金は40,000グアラニー(約800円)でした。ちなみに、ソファで寝る場合の料金は30,000グアラニー(約600円)

少し狭いですが、ベッド毎にコンセントとライトが付いていて便利です。

また、バスタオルも1枚貸して貰えました。

 

こんなきめ細かなサービスが整った良宿ですが、気になったところが1つだけ。トイレとシャワーがちょっと汚かったです。

それを除けばとても居心地の良い宿でした。時間があれば1週間くらい沈没したかったです。

 

「民宿らぱちょ」の宿泊情報まとめ

【宿泊時期】
2017.1.28 – 1.31(3泊)

【部屋タイプ】
4人ドミ

【料金】
40,000グアラニー(約800円)

【設備・サービス】
共同トイレ・シャワー(ぬるま湯・水圧△)/WiFi(遅め)/バスタオル/無料洗濯機/洗濯干し場/朝食/キッチン/各種調味料/大量の本・情報ノート/街歩きマップ

【オススメ度】
★★★★★★★★☆☆