Sibatabi

旅の経験を情報として配信するブログ

立地抜群!サンパウロの安宿「Olah Hostel」

 
サンパウロの安宿「Olah Hostel」

サンパウロで泊まった安宿を紹介します。

※為替レート(2017年2月時点)
1レアル≒36.3円

サンパウロの安宿「Olah Hostel」

サンパウロの安宿「Olah Hostel」

サンパウロで泊まった安宿は「Olah Hostel」

サンパウロの日本人宿はいくつかあったんですが、旅行者が泊まれなくなっていたり、評判があまりよく無かったりなので、ホステルワールドで見つけました。

外観が少しわかりづらいですが、この絵の描かれた真ん中にある白い部分がドアになっています。インターフォンで予約している旨を伝えると開けてくれます。

なので、セキュリティも問題無さそう。チェックイン後は鍵も貰えます。

スタッフは英語も喋れて親切でした。

 

サンパウロの安宿「Olah Hostel」

今回利用したドミトリー。

ホステルワールドで1泊1,000円くらいで出ていたんですが、予約を入れる段階で2泊目以降は料金が高くなることが発覚。でも、またイチから調べなおすのが面倒だったので、そのまま予約を入れてしまいました。

恐らく1泊目が28レアル(約1,016円)で2泊目が40レアル(約1,452円)だと思われます。2人で2泊して136レアル(約4,937円)でした。

ドミトリー自体は清潔で快適。ベッドも綺麗で落ち着きます。エアコン無しでファンのみですが、夏でも朝晩はかなり涼しくなるので全然問題無かったです。

バスタオルは10レアル(約363円)のデポジットが必要ですが、チェックアウト時に返せばキチンとお金は返ってきます。

 

サンパウロの安宿「Olah Hostel」

ドミトリー内にはロッカーもありました。

 

サンパウロの安宿「Olah Hostel」

部屋の外にある共用のシャワールーム。ガラス張りでなんかお洒落。笑

シャワーはお湯が出ますが、出しっ放しにしていると水に切り替わります。しかも、センサーがピピッって鳴って水に切り替わるので、それを知らないと結構ビビります。笑

基本水の設定になっているようで、シャワーのスイッチを左にズラすとお湯が出るようになります。

 

サンパウロの安宿「Olah Hostel」

レセプションのところにキッチンもあります。こちらも清潔で道具もそこそこ揃っていた印象。

油、塩等はフリーです。冷たい水の出るウォーターサーバーもありました。これは結構ありがたい。

 

サンパウロの安宿「Olah Hostel」

簡単ですが朝食も付いています。

ハムとチーズの挟まったパンが美味しかった。

 

「Olah Hostel」の立地が抜群!

サンパウロの安宿「Olah Hostel」

「Ola Hostel」は、かなり便利な立地にあると思います。

メトロの「Ana Rosa」駅から徒歩5〜10分なので、メトロを利用しやすく、バスターミナルに着いてからの移動も簡単です。

で、この「Ana Rosa」駅が便利で、サンパウロでは絶対にみんな足を運ぶであろう「リベルダージ」と「パウリスタ」に乗り換え無しで行くことが出来ます。

僕らはあんまり時間が無くて、最低この2つのエリアだけは行っておきたかったので、かなり都合が良かったです。

また、ハワイアナスの本店等があるショッピングストリートとなっている「オスカー・フレイレ通り」には、「Consolação」駅で下車して、歩いて行けました。

 

「Olah Hostel」の宿泊情報まとめ

【宿泊時期】
2017.2.8 – 2.10(2泊)

【部屋タイプ】
ドミトリー

【料金】
1泊目28レアル(約1,016円)/2泊目40レアル(約1,452円)

【設備・サービス】
共同トイレ・シャワー(お湯・水圧良好)/WiFi/バスタオル(デポジット必要)/朝食/ロッカー

【オススメ度】
★★★★★★★☆☆☆