Sibatabi

旅の経験を情報として配信するブログ

プルママルカの絶景!虹色の丘&サリーナス・グランデスへの行き方。

 
サリーナス・グランデス

プルママルカの絶景、世界遺産ウマワカ渓谷にある「虹色の丘」とウユニに隠れた南米で3番目の規模を誇る塩湖「サリーナス・グランデス」について紹介します。

この2つの絶景は僕らがプルママルカへ来た目的だったんですが、わざわざ足を運んだ甲斐あって素晴らしい景色を見ることが出来ました。(サリーナス・グランデスは少し条件が悪かったです。)

周辺を旅しているのであれば、是非行ってみて欲しいスポットです。恐らくわざわざ北アルゼンチンを訪れる日本人は少ないと思うので穴場ですよ。

虹色の丘を眺めるビューポイント、サリーナス・グランデスへの行き方も合わせて紹介しているので参考にどうぞ。

※為替レート(2017年1月時点)
1ペソ≒7.3円

虹色の丘へ

虹色の丘を眺めるビューポイントへの行き方

虹色の丘を眺めるビューポイントはプルママルカの街に2つあります。

1つは街中にある小高い丘。ここに登ると目の前に虹色の丘を見ることが出来ます。

 

プルママルカのバスターミナル

虹色の丘は街のすぐ奥にあるので、ちょっと高いところに登れば全景を見られるということです。

そして、もう1つは街の外にある小高い丘。ここからなら街の全景も合わせて景色を楽しむことが出来ます。

今回僕らは、この街の外にあるビューポイントへ行ってきました。

 

プルママルカの虹色の丘|ビューポイントへの行き方

地図は最後にまとめて載せていますが、まずは写真で行き方を紹介します。

まず、街の北側を走っている大通りに出て、川を渡ります。笑

雨季の時でもこんな水量なので、1年中通れるんじゃないかな。

 

プルママルカの虹色の丘|ビューポイントへの行き方

そして、川を渡ったところから続いている小さな道をひたすら進んでいきます。

 

プルママルカの虹色の丘|ビューポイントへの行き方

足場が悪いので、足元に注意しながら登ります。

この辺りで振り返ると既に抜群の景色ですが、頂上に着くまで振り返らない方が良いかもしれませんね。

 

プルママルカの虹色の丘

この丘にもいろんな色の石が落ちていて綺麗です。

 

これが世界遺産ウマワカ渓谷にある虹色の丘!

プルママルカの虹色の丘

そして、頂上まで登って振り返るとこの絶景。

虹色ですね。鮮やかな色でもの凄く綺麗でした。頂上でずーっと眺めていられる景色。

街もミニチュアみたいに見えます。

ちなみに、虹色の丘の後ろにある山の緑は気が生い茂っているわけではなくて、土の色です。こんな緑色の肌をした山なんて不思議ですね。

 

プルママルカの虹色の丘

虹色の丘と逆方向にも緑色の山が続いています。ウマワカ渓谷恐るべしです。

 

サリーナス・グランデスへ

サリーナス・グランデスへの行き方

サリーナス・グランデスへの行き方

サリーナス・グランデスへは公共交通機関が無く、ツアーで訪れるのが一般的。

プルママルカからも往復送迎だけのツアーバスが出ています。

料金は往復250ペソ(約1,823円)で、乗り場は最後に載せてある地図に記してあります。

出発時間は決まっておらず、人が集まったら出発するようです。

 

ツアーに参加してサリーナス・グランデスへ

プルママルカからサリーナス・グランデスへ

プルママルカを出発して、すぐに不思議な景色が続きます。

 

プルママルカからサリーナス・グランデスへ

プルママルカから30分ほど走ったところにあるビューポイントで休憩です。見晴らしが素晴らしい。

 

プルママルカからサリーナス・グランデスへ

そして、ビューポイントから少しだけ先に行ったところでまた停車。

お土産屋さんがいくつかありました。特に買いたくなるようなものはありませんでした。

 

プルママルカからサリーナス・グランデスへ

で、何気にここ4,000mを越えています。

サリーナス・グランデスも3,000mを越えているので、高山病に心配がある方は薬を飲んでおいた方が良いかもしれませんね。

ここを過ぎると間も無くサリーナス・グランデスです。

プルママルカからは休憩も含めて1時間半くらいで到着します。

 

鏡張っちゃったサリーナス・グランデス

サリーナス・グランデス

そして、ここがサリーナス・グランデス。

嫌な予感はしていましたが、雨季のため塩湖の表面は若干茶色くなっていました。

 

サリーナス・グランデス

薄っすらと鏡張りにもなっています。これは条件が悪いですね・・・。

実は、ウユニ塩湖と違いサリーナス・グランデスではもっとカラカラで真っ白な塩湖を望んでいたんです。

グーグルで「サリーナス・グランデス」と画像検索すると出てきますが、真っ白な塩湖がそれはもう綺麗なんです。

 

サリーナス・グランデス

そして画像検索すると出てくる、お目当だった塩を採掘した穴。

塩湖の表面が茶色くて、穴から水も溢れちゃってちょっと微妙。

 

サリーナス・グランデス

頑張って綺麗そうなところも探してみました。

こっちはちょっとマシですね。

 

サリーナス・グランデス

サリーナス・グランデス

サリーナス・グランデス

他にもいろんな角度で。

ネット上に上がっているような写真は撮れませんでしたが、これはこれで結構綺麗だったかな。

悔しくて、写真はだいぶ加工してますが。笑

条件バッチリだったらわかりませんが、今回の景色と比べるとやっぱりウユニに軍配が上がりますね。

でも、ウユニほどの知名度はまだ無いので、穴場のスポットとしてはオススメです。

 

サリーナス・グランデスは、3,000mを越えているので日差しは強いけど、風は冷たいです。暖かい格好をしていくことをオススメします。

また、ウユニのように長靴のレンタルは無いので、水が多いとスニーカーだとちょっとキツイかもです。汚さないように歩くのが大変。笑

 

サリーナス・グランデス

サリーナス・グランデスでは、1時間の観光時間が設けられていて観光が終わったら、隣にある塩の建物前に集合してまた同じルートでプルママルカへ戻ります。

ツアーに掛かる時間はトータル4時間くらいでした。

 

各スポットの地図

プルママルカ周辺マップ

青:虹色の丘ビューポイント
ピンク:サリーナス・グランデス行きのツアーバス出発場所