Sibatabi

旅の経験を情報として配信するブログ

アルゼンチン/ブラジル国境越え|プエルト・イグアス→(カンポ・グランジ)→ボニートのバス移動まとめ。

 2017/09/09 
プエルト・イグアス→フォス・ド・イグアス

アルゼンチンのプエルト・イグアスからブラジルのボニートまでのバス移動についてまとめます。

29時間の大移動でしたが、南米の南部に入ってから超長距離移動が多くなっていたせいか、思ったほどキツくはなかったです。笑

※為替レート(2017年2月時点)
1ペソ≒7.3円(アルゼンチン)
1レアル≒36.3円(ブラジル)

プエルト・イグアス(フォス・ド・イグアス)からボニートへの行き方

プエルト・イグアス→ボニート

プエルト・イグアスからボニートへ移動する場合には大きく分けて3つのルートがあります。

ルート①:フォス・ド・イグアス→カンポ・グランジ→ボニート
ルート②:フォス・ド・イグアス→ドラードス→ボニート
ルート③:イグアス居住区→ボニート

どのルートを取るにしても、まずはアルゼンチン側のプエルト・イグアスからブラジル側のフォス・ド・イグアスへ移動する必要があります。

ルート③については、僕らの日程上選択肢に入っていなかったので、詳細は調べていません。イグアス居住区からパラグアイ北部にある国境を通って、ボニートへ向かうルートがあるようです。これなら、イグアス居住区から日帰りでイグアスの滝観光へ行って来て、イグアス居住区から直接ボニートへ向かうことも出来ます。

そして、ルート①と②では、ルート②のドラードス経由が距離と時間、料金どれを取っても得らしいんですが、乗り継ぎが上手くいかないことも多々あり、その場合かなりの時間をロスしてしまうというリスクがあったので、今回は少し遠回りですが、無難なルート①のカンポ・グランジ経由を選択しました。

 

プエルト・イグアス→フォス・ド・イグアス(アルゼンチン/ブラジル国境越え)

まずは、プエルト・イグアスからブラジル側のフォス・ド・イグアスへ移動します。

フォス・ド・イグアスへのバスは、プエルト・イグアスのバスターミナルから頻発しています。

 

プエルト・イグアス→フォス・ド・イグアス

今回利用したバス会社はイグアスの滝観光でも利用した「RIO URUGUAY」

1時間に1本のバスが出ていて、チケットはバスに乗車した時に購入します。料金は20ペソ(約146円)で10時半発のバスに乗りました。

ちなみに、バスはエアコンが効いていませんでした。国境からのバスはエアコンが効いていたのでバスによるんだと思います。

 

国境での手続きとバス事情

プエルト・イグアス→フォス・ド・イグアス

国境には出発してすぐに到着。

まず、アルゼンチン側の国境でバスが停車してくれるので、出国手続きを済ませます。出国手続きは一瞬で終わる。で、乗ってきたバスに再度乗車してブラジル側のイミグレへ。

ブラジル側のイミグレは列が出来ていて、ようやく窓口に辿り着いたと思ったら、出入国カードを渡されて、記入後再度窓口へ。効率が悪い。。しかも、手続き自体も割と時間が掛かります。

そして、入国審査の後、ブラジル側ではバスは待っていてくれないので、後続のバスを待つ必要があります。

バスの乗り場は写真のあたり。バスを降りたところのちょっと先にあるので、ここで同じバス会社のバスを待ちます。同じバス会社ならチケットを見せれば料金を支払わずに再乗車出来るのです。

ただ、バスは1時間に1本出ているはずなのに、何故か1時間半も待たされました。時間が無い場合は、再度料金を支払って別のバス会社のバスに乗ってしまっても良いと思います。そんなに高く無いし。バス会社を気にしなければバスはしょっちゅう通っています。

国境からフォス・ド・イグアス市内も時間は掛からずに到着します。

 

フォス・ド・イグアスの長距離バスターミナルへ

フォス・ド・イグアスの市内移動

国境で無事バスを捕まえてフォス・ド・イグアス市内へ。

このバスがカンポ・グランジ行きのバスが出ている長距離バスターミナルまで行くかわからなかったので、maps.meを見ながら青ピンのあたりで下車。この青ピンが市バスのターミナル「Terminal de Transporte Urbano」です。

ここから市バスで長距離バスターミナルを目指します。

ちなみに、赤が長距離バスターミナル、ピンクがショッピングモールで中にATMがあります。ATMは1,000レアル(約36,300円)が上限で手数料が7ドルくらい取られました。

 

フォス・ド・イグアス|市内バスターミナル

これが市バスのターミナル。バスの乗車料金はターミナル入場の際に支払います。3.45レアル(約125円)

で、長距離バスターミナル行きのバスを探して聞いて回ったんですが、まぁみんな言葉が通じない。

僕らのスペイン語は理解してくれているようなんですが、返す言葉がポルトガル語だから何を言っているのかさっぱり・・・。

ボルトガル語はスペイン語と似てるからスペイン語さえわかればどうにかなると某ガイドブックで見た気がしましたが、低いレベルでは全くそんなことは無いのでご注意を。笑

 

そんなこんなで、何とかバスを発見して長距離バスターミナルへ。ターミナルの改札を通ったところから左奥にある乗り場から「TERMINAL」と表示されたバスに乗ったら行けました。

長距離バスターミナルに着いたのは14時半。ブラジルはアルゼンチンよりも1時間早いので、プエルト・イグアスのバスターミナルからフォス・ド・イグアスの長距離バスターミナルまでは3時間掛かったことになります。

 

フォス・ド・イグアス→カンポ・グランジ

フォス・ド・イグアス→カンポ・グランジ

長距離バスターミナルに着いたら、早速カンポ・グランジ行きのバスチケットを購入します。

事前に調べていた通り、カンポ・グランジ行きを扱っているバス会社は写真の「EUCATUR」のみでした。料金は2人で314.18レアル(約11,405円)でクレジットカード払いも出来ました。

15時出発で翌朝4時にカンポ・グランジ到着予定です。但し、終点はカンポ・グランジでは無く、SINOPと言う街なので乗り過ごしには注意。

区間ごとの料金と空き状況、タイムテーブル、バス会社は、以下のサイトで確認することが出来るので便利です。

 

フォス・ド・イグアス→カンポ・グランジ

バスの外見はなかなか綺麗です。

荷物を預ける際にはタグを貰えて、乗車時もパスポートチェックがあったのでセキュリティもキチンとしてそうです。

 

フォス・ド・イグアス→カンポ・グランジ

外が物凄く暑かったので、寒いくらいのエアコンを期待していたんですが、乗ってみたら全然涼しくなくてガッカリ。しかも、外が暑過ぎるせいで、夕方になるまでバス内は全く涼しくなりませんでした。。

トイレも付いていて、水道の水もしっかり出るんですが、こちらも外が暑過ぎるせいで熱湯になっていました。笑

でも、シートピッチは広く、背もたれもかなり倒れるのでバスの乗り心地自体は良かったです。

また、トイレ横にある保冷庫には冷たい水が入っていて勝手に飲めるのが嬉しかったです。1人1本なのかもしれませんが、暑過ぎて僕らは3本くらいずつ飲んじゃいました。笑

 

フォス・ド・イグアス→カンポ・グランジ

21時半頃、食事休憩でドライブイン的なところに停車。

物価が恐ろしく高くて何も買えませんでした。笑

 

カンポ・グランジ|バスターミナル

翌朝4時前にカンポ・グランジのバスターミナルに到着。空港みたいなバスターミナルでした。

ブラジルは国内にも時差があり、カンポ・グランジはフォス・ド・イグアスよりも1時間遅くなっているので注意です。

 

カンポ・グランジ→ボニート

カンポ・グランジ|バスターミナル

カンポ・グランジからボニートへは「Cruzeiro do Sul」の1社のみがバスを扱っています。

料金は1人67レアル(約2,432円)+ターミナル使用料5レアル(約182円)で合計72レアル(約2,614円)。クレジットカード払いも可能。

今回は日曜のためか本数が少なく一番早くても朝9時発でした。他の曜日ならもっと本数もあるっぽいです。詳しくは先ほど紹介したバスの検索サイトで調べてみてください。

僕らは運悪くカンポ・グランジのバスターミナルで5時間も待ちぼうけです。

でも、カンポ・グランジのバスターミナルはフリーWiFiも飛んでるし、コンセントもあるしで割と快適に過ごすことが出来ました。

 

カンポ・グランジ→ボニート

出発時刻が近付いても、指定されたプラットフォームにバスが来ないなーと思っていたら、別のプラットフォームに停まっていました。なんかアナウンスしてたっぽいけど聞き取れなかった。

こちらのバスも荷物を預けた際にキチンとタグをくれました。

エアコンもトイレも付いています。

但し、エアコンは効いているけど、効きが物凄く弱いせいでみんな窓を開け始めて結局エアコン無しと同じ状況になってしまいました。効きが弱くても窓を閉めていた方がまだ涼しい気がするんですけど・・・。

 

カンポ・グランジ→ボニート

12時頃に30分の休憩。日曜だったからお店が全然開いてない。

暑かったからジュース買いたかったのに・・・。

 

ボニート

その後は休憩無しで15時過ぎにボニートのバスターミナルに到着。バスターミナルからは歩いて予約していた宿へ。

日曜日だったので、ボニートの街中は、お店がほとんど開いていなくて閑散としていました。おかげで宿到着後に食事にありつくのに苦労した・・・。

ボニートの安宿は朝食が豪華過ぎると噂の「Catarino’s Guest House」に宿泊しました。

前評判通り、これまで泊まってきた安宿の中でも圧倒的に豪華な朝食を食べることが出来ました。オススメです。

 

プエルト・イグアス→ボニートのバス移動まとめ

プエルト・イグアス→フォス・ド・イグアス

【移動日】2017.2.4
【料金】20ペソ(約146円)
【手配方法】当日そのまま乗車
【バス会社】RIO URUGUAY
【バス設備】国境からのバスはエアコン付き。
【時間】10:30 → 14:30
【所要時間】3時間

 

フォス・ド・イグアス→カンポ・グランジ

【移動日】2017.2.4
【料金】157.09レアル(約5,702円)
【手配方法】当日バスターミナルでチケット購入
【バス会社】EUCATUR
【バス設備】エアコン/トイレ/飲料水/荷物タグ/パスポートチェック
【時間】15:00 → 翌3:45
【所要時間】13時間45分(休憩1回)

 

カンポ・グランジ→ボニート

【移動日】2017.2.5
【料金】67レアル(約2,432円)+ターミナル使用料5レアル(約182円)= 合計72レアル(約2,614円)
【手配方法】当日バスターミナルでチケット購入
【バス会社】Cruzeiro do Sul
【バス設備】エアコン/トイレ/荷物タグ
【時間】9:00 → 15:30
【所要時間】6時間30分(休憩1回)