【キューバ】コロニアル!クラシックカー!チェ・ゲバラ!ハバナで行った観光名所まとめ

「【キューバ】コロニアル!クラシックカー!チェ・ゲバラ!ハバナで行った観光名所まとめ」のアイキャッチ画像

今回、ハバナで行った観光地を少しだけ観光情報も交えてまとめました。

 

※為替レート(2016年6月時点)
1CUC=$1≒113.3円
1CUP≒4.72円

 

旧市街

【ハバナ】旧市街

世界遺産に指定されている旧市街。

今回泊まっていた宿は、この旧市街だったので、世界遺産の中をいつもブラブラしていました。

ホテルやCASAも多いため、旧市街に滞在する人も多いと思います。

 

【ハバナ】旧市街

コロニアルな建物が立ち並び、クラシックカーが走り回る景色を前にすると映画か何かの中にいるような錯覚を覚えます。

歩いているだけで楽しい。

 

【ハバナ】旧市街

至るところで見かけるクラシックカーが素敵。

 

カピトリオ

【ハバナ】カピトリオ

キューバの旧国会議事堂。

建築は1929年で、革命前にアメリカの国会議事堂をモデルに造られたそうで、今となっては皮肉なものです。

 

ガルシア・ロルカ劇場

【ハバナ】ガルシア・ロルカ劇場

1838年に建てられたキューバ・クラシックバレエの本部。

スペイン・バロックスタイル建築で、カピトリオと並んで旧市街では一際目立つ存在です。

 

【ハバナ】ガルシア・ロルカ劇場

クラシックカーと一緒に写真を撮ると画になります。

 

オビスポ通り

【ハバナ】オビスポ通り

レストランやお土産物屋が立ち並ぶ旧市街の目抜き通り。

ここのとあるレストランで食べたパスタが激マズでした。
後から聞いた話だと、キューバのパスタはどこもマズイらしい。

お土産物屋の値段は、お店によってマチマチ。
いろいろ回ってみると安く買えそうです。

また、両替所(CADECA)もありますが、物凄く並びます。
僕らは、1時間くらい待たされました。

ATMは1ヶ所だけ見つけました。
「Johnson」という大きなショップの向かい側あたりで、建物の中の少し奥まったところにあります。
外からだとわかりづらいかも。
VISAカードのみ使えました。

 

【ハバナ】ホテル・アンボス・ムンドス

ヘミングウェイの定宿としていた「ホテル・アンボス・ムンドス」もあります。

教養の無い僕にはあまり縁の無いホテルなので、トイレだけ借りてお終い。

 

ハバナバスツアー

【ハバナ】ハバナバスツアー

ハバナの街中を周る2階建てバス。

1人10CUC(約1,133円)で、9:00から18:00まで1日乗り降りし放題。

旧市街から遠い観光名所に行くのにも便利です。

旧市街だと、セントラル公園がバス停になっていて、そこから乗ることが出来ます。

 

【ハバナ】ハバナバスツアー

最初の乗車時に料金を支払って、チケットを貰います。

 

【ハバナ】ハバナバスツアー

海沿いを走っている時の、2階からの景色は抜群でした。

 

革命広場

【ハバナ】革命広場

【ハバナ】革命広場

チェ・ゲバラとカミーロのモニュメントで有名な「革命広場」

ハバナバスツアーを利用して来ましたが、旧市街からだとP12のローカルバスに乗れば、1CUP(約5円)で近くまで来れます。

バスの乗り場は下記の記事で。

 

サン・ホセ民芸品市場

【ハバナ】サン・ホセ民芸品市場

海沿いにある「サン・ホセ民芸品市場」

こちらもハバナバスツアーを利用して来ました。

 

【ハバナ】サン・ホセ民芸品市場

【ハバナ】サン・ホセ民芸品市場

お土産物屋がズラーッと並んでいます。

お土産をまとめ買いするには便利ですが、物によってはオビスポ通りや、街中の裏路地なんかの方が安かったりするので、事前に相場を確認してから来た方が安く上がりそうです。

 

【ハバナ】サン・ホセ民芸品市場

ここで飲んだピニャコラーダ(パイナップルジュース)が物凄く美味しかった。

3CUC(約340円)と少し高めですが、くり抜いたパイナップルも袋に入れて貰えるのでオススメですよ。

 

チェ・ゲバラの壁画

【ハバナ】チェ・ゲバラの壁画

ロンプラ・キューバ版の表紙にも使われたチェ・ゲバラの壁画。

 

【ハバナ】チェ・ゲバラの壁画

サン・フランシスコ・デ・アシス修道院東側にあるフェリータミナルの壁に描かれています。

 

ビエハ広場

【ハバナ】ビエハ広場

歴史的建造物に囲まれたビエハ広場。

 

【ハバナ】レストラン情報

コロニアルな建物を利用したオシャレなレストランに惹かれて、うっかり2階のテラス席でモヒートを嗜んでしまいました。

 

番外編:スーパー

【ハバナ】スーパー

最後は番外編として、キューバのスーパー。

欲しい物をカゴに入れてレジに持っていくというのが、一般的なスーパーだと思いますが、キューバ、特にハバナの多くのスーパーでは、カウンター越しに物を注文するスタイルが主流です。

なかなか面白いです。

 

【ハバナ】スーパー

ショーケースの中には、値段の書かれた商品も入っています。

 

【ハバナ】スーパー

買う物が決まって無いのに注文し始めるお客さんが多いうえに、店員さんも仕事が遅いので買うのに時間が掛かります。

そんなんばっかりなので、キューバはあちこちで行列が出来ています。

この記事を書いた人

しば

しば

52ヶ国153都市を訪問済みで旅行会社の勤務経験も有。アジアとメキシコが好き。

コメント(2件)

  • スズキ チアキ より:

    こんにちは。しばたびさん。

    キューバ、いいですね。国交回復前に行ってみたいと以前から思っていましたがどうでしょうか?街はドンドン変わってますか?古き良き時代の面影を残しているうちに行けたらいいなと思いますが。

    話しは変わりますが、私は約1カ月半のオーストラリアのホームステイも残すところあと僅か。帰りたくなくて後ろ髪ひかれる思いです(笑)
    それと大した情報ではないのですが。ANZで日本円をオーストラリアドルに両替したところ、なんと手数料がタダでした。場所はフレーザー島の拠点となるハービーベイという小さな街です。
    色んな情報を見ても今迄無料と言う話しは聞いた事がないのでビックリしました。それとも手数料込みなんでしょうか。レートはそれなりに変化してますが、イマイチよくわかりません(笑)

    なんの事はない情報ですみません(笑)
    お元気で旅行してきて下さい。ブログ楽しみにしてます。

    • しば より:

      スズキチアキさん

      コメントありがとうございます。
      僕も初めての渡航で、短期滞在なので街の変わりようはわかりませんが、
      今のところはまだアメリカの影響は大きく受けていないように思いました。
      ただ、ドルの闇両替商は居ましたね。レートはわかりませんが。
      是非、早いうちに行ってみてくださいね。

      僕もワーホリが終わるときは、オーストラリアから帰りたくない思いでいっぱいでした。
      お気持ちすごくわかります。笑

      両替については、どうなんでしょうね。。
      オーストラリアに滞在していたときは、
      現地で稼いだお金を使っていたので、両替の件は、実は疎くて・・・。笑
      メルボルンだとコミッションを取られずに両替して貰えるところもあるんですが、
      銀行だとコミッションを取られるんですかねー。

      いずれにしろ、詳しい情報ありがとうございました!
      参考にさせて頂きます!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)