Sibatabi

旅の経験を情報として配信するブログ

世界一周の持ち物リスト【1人旅編】

 2016/02/18 
アイキャッチ画像

これから世界一周に出る方の参考になればと思い、前回までの旅の持ち物を改めてリストアップしてみました。

 

バッグ・収納類

バックパック学生時代に購入したもの。たぶん60リットルくらい。
サブバッグOUTDOORの25リットル。PC等の電子機器類・貴重品を収納。街歩きにも利用。
バックパックカバーバスや飛行機で荷物を預ける時に必須。これがないとバックパックが汚れる。
貴重品ベルト腹巻タイプを2つ(マジックで留めるタイプとポーチタイプ)。
衣類圧縮袋衣類は嵩張るので、これがあるとバック内がすっきり。
小物入れ*2100均で買ったポーチ。書類系や普段持ち歩かない貴重品を入れておくものと電子機器類をまとめておくもの。

貴重品ベルトは、元々持っていたものに追加でネパールで購入しました。
アフリカでは腰のベルトは狙われると聞いていたので、移動の際は腰のベルトに追加で太ももにも巻いていました。太ももにはクレジットカード1枚と、これだけあれば次の大きな街まで行けるであろう100ドル札1枚。これさえ残れば荷物全部あっても何とか帰国出来る。

また、移動の際はサブバックに貴重品・電子機器類を全て入れるので、それぞれ小物入れにまとめておくとバッグの中が整理されて良い感じです。

 

貴重品類

パスポートMADE IN JAPANの10年モノ。
現金日本を出国する際に10万円だけ。あとは現地で必要な分だけキャッシング。
国際キャッシュカードりそな銀行と新生銀行。
モバイルバンキングカードりそな銀行と新生銀行のネットバンキング用カード。
クレジットカードANA VISAカード、LIFE MASTERカードの2枚。
スキミング対策用カード被害が無かったので効果あり?
保険証券損保ジャパンで2年契約。
国際学生証タイのカオサンロードで作成。オーストラリア、エジプトで大活躍。
ユースホステル会員証上海のユースホステルで作成。
各種書類のコピーパスポート、保険証券のコピーを3枚ほど。
証明写真ビザ用に家にあったものを数枚。

キャッシングの予備として国際キャッシュカードも持って行ったんですが、ほとんどクレジットカードを使っていたので、要らなかったかも。

次に持って行くときは新生銀行だけにする予定。

万が一、パスポートが盗難に遭った時のためにコピーは用意しておいた方が良いです。僕は、コピー+スキャンしたものをオンラインストレージにも入れておきました。

保険・国際学生証についてはこちら。

スキミングのカードはこちらを使っていました。これのお陰なのか、運が良かったのかスキミング被害には遭いませんでした。

 

生活用品類

メガネ目が悪いので。。移動が続く時は必須。
コンタクトレンズ1ヶ月間連続装用可能なエアオプティクス EX アクア
コンタクト洗浄液無くなりそうになったら安い国で現地調達。
シャンプー・リンス無くなりそうになったら安い国で現地調達。
石鹸ボディソープよりも石鹸派です。
歯ブラシ・歯磨き粉無くなりそうになったら安い国で現地調達。
洗剤500mlのペットボトルに入れて。
髭剃り使えなくなったら安い国で現地調達。
爪切りやはりメイドインジャパンが使いやすい。
耳かき竹のやつは日本から持って行った方が良い。
タオル手ぬぐい3枚と、ネパールでスイムタオル(速乾性)を1枚購入。すぐ乾くので移動時に便利。
トイレットペーパー無くなったら現地調達。
アイマスクどこでも眠れるので必要無かった。
耳栓どこでも眠れるので必要無かった。
寝袋オーストラリアで購入。
南京錠アフリカで大活躍。
テントウガンダで購入。アフリカでテント生活をしてケープタウンで寄付。
自転車の荷台用ゴム紐部屋で洗濯物を干す時に大活躍。
釣り用の折りたたみバケツ洗濯用のバケツが無い宿で大活躍。
電卓iPhoneで事足りるので一時帰国時に置いてきた。
十徳ナイフ上海で購入。あると何かと便利。
はさみ十徳ナイフがあれば必要無かった。
電熱コイルクアラルンプールで購入。しかし、あまり使わず一時帰国時に置いてきた。
折り畳み傘。→使う機会が少ないので要らないかも。

消耗品は、無くなりそうになったら物価の安い国で調達。

コンタクトレンズは、移動が連続しても大丈夫なように1ヶ月連続装用可能と聞いたエアオプティクスEXアクアを購入。しかし、お医者さんに1ヶ月付けっ放しはダメだよー。と言われてしまった。。

タオルは、ネパールで速乾性のスイムタオルを追加で購入。
夜使って次の朝には余裕で乾いているので、移動が続く時は便利。拭き心地があんまり良くないのが難点だけど、まぁしょうがない。

次の旅では、日本でこれを購入していく予定。

アイマスク、耳栓はドミトリーなんかであると便利だろうなと思っていたんですが、そんなものなくても余裕で爆睡だったので不要。考え過ぎかもしれませんが、アイマスクなんかしてたら何かあった時に対応が遅れるし、耳栓してたらそもそも不審な物音に気付けないと思った。裏を返すと狙われやすい。

寝袋は嵩張るけどテント生活や、宿のベッドが汚かったりした時に敷けるのであると便利。荷物に余裕があればを持って行っても良いかも。

南京錠も宿のセーフティボックスを使う時に重宝します。

そして、釣り用の折りたたみバケツ。ホント使えます。と言うか、無いと洗濯の時にストレスマックスになります。折りたためるので、そんなに邪魔にもならない。ネットだと格安で買えます。

 

衣類

ズボンチノパン1本、ハーフパンツ2本。
半袖Tシャツ買い足したり、捨てたりで最低3枚は常備。
長袖Tシャツ1枚。間に合わなくなったら購入予定。
襟付きシャツドレスコード用に持ってきたが、そんなところに行く予定が無いことに気付き一時帰国時に置いてきた。
パンツトランクス4枚。
インナーユニクロのヒートテックを上下で1~2枚ずつ。
靴下3足くらい。1足は寒い国ように分厚いやつ。
アウター1着。タイで購入したNorthfaceの偽物。嵩張る。。⇒オーストラリアで友達にあげた。
ユニクロウルトラライトダウンコンパクトになるので嵩張らない。
レインコートMAC PACのレインコート。オーストラリアで購入。
水着海やプールで泳ぐ時用。⇒お尻に穴が空き破棄。⇒エジプトで再購入。
ゴーグル海やプールで泳ぐ時用。要らなかった。
帽子日よけ。寝癖を隠す用。
スニーカー1足。
ビーチサンダルビーチサンダル1足(カンボジアで購入)。暑い地域はほぼサンダルでの生活。
腕時計上海で購入・壊れる⇒バンコクで購入・壊れる⇒カトマンズで購入
サングラスギョレメで購入。→ケープタウンでペンギンの群れに落として紛失。
サムライのカツラこれで現地の人とコミュニケーションを取れる。

ビーチサンダルはマスト。暑い国を旅してる時は、移動中もずっとビーチサンダルでした。

防寒については、ウルトラライトダウンとレインコートの2枚重ね。
ウルトラライトダウンは小さくなって嵩張らないので便利。いちいち傘を差すのが面倒くさいのでレインコートも重宝した。肌寒い時に羽織る用としても使える。

ダイビングをするので水着も。次回は、ハーフパンツとしても使える水陸両用の水着を持っていく予定。

 

電子機器類

パソコン必須。
外付けHDDオーストラリアで壊れる。。
外付けCD/DVDドライブパソコンに付属していないので。でも要らなかった。
USBメモリデータのやり取りやバックアップに便利。
デジタル一眼レフカメラ学生時代に買ったD40
iPhoneイランで盗まれる。
SimフリースマホインドでNokiaのWindowsフォンを購入。
マルチプラグ全世界対応。スワジランド、レソト、南アフリカだけ使えない。
電子辞書英語の勉強をしようと思ったけど使わない。重いだけ。

ブログ・情報収集に使うのでパソコンは必須。暇つぶしにも使える。

外付けHDDは途中で壊れてずっと持ってなかったけど、無くても全然問題無かった。
バックアップはオンラインストレージで十分。但し、旅人間でデータのやり取りをする時に無いとデータが貰えない。。

インドで購入したSimフリースマホも大活躍。宿にwifiが付いていないことが多い国では、Simを購入してテザリングを使えばパソコンでネットが出来る。例えば、ルワンダはwifi環境が悪いけど、Simを購入してテザリングをすると結構速い。

 

本・文房具類

ガイドブック旅の序盤、中国、インド、東南アジア編の地球の歩き方。
暇つぶし用に小説なんかを数冊。
ノート日記、メモ用。
筆記用具ボールペン。

情報はネット上にいくらでも転がっているので、ガイドブックは要らない。嵩張るだけ。ネット以外にも宿に「地球の歩き方」「情報ノート」「Lonly Planet」が置いてあれば、大事な情報だけiPhoneで写メを撮って保存しておけばOK。

アプリの「Pocket」もかなり使える。