Sibatabi

旅の経験を情報として配信するブログ

【バンコク】スネークファームでの予防接種方法まとめ

 2014/05/09 
【バンコク】スネークファームでの予防接種

バンコクでの予防接種は本当にお得なのか?

世界にはたくさんの恐ろしい病気がある。

狂犬病、マラリヤ、コレラ・・・etc

狂犬病に至っては、発症すると死亡率が100%

そんな恐ろしい病気たちに、生身の体で立ち向かっても、勝てるわけがありません。
彼らに、根性論は効かないのです。

だから、世界を旅する前に、予防接種をしておくことをオススメします。
予防接種をして、体のバージョンアップをしておきましょう。

 

そして、その予防接種ですが、実は日本で受けるよりも、タイのバンコクで受けた方が安いと旅人の間では有名になっています。

僕も、タイにいる間にバンコクで予防接種を受けてきたので、バンコクでの予防接種についてまとめたいと思います。

 

バンコクでの予防接種はどこで受けられるの?

バンコクでの予防接種は、スネークファーム内にある赤十字病院で受けることが出来ます。

 

スネークファームへの行き方

カオサンからスネークファームまでは、47番のバスで行くことが出来ます。
料金は片道6.5バーツ。稀に無料のバスもあります。

バス乗り場は、カオサン通り隣の大きな通りRatchadamnoen Klang Rdにあります。

 

【バンコク】市バス

タイのバスは、日本と違ってバス停に人がいれば、停まるということはないので、お目当てのバスが来たら、手を振って停まってもらいましょう。

 

【バンコク】MBKセンター

MBKセンターまで来たら、もうすぐです。
この角を曲がって、また次の角を曲がった2つ目くらいの停留所で降りればもうすぐ。

心配であれば、料金徴収係のおばちゃんにスネークファームと伝えておけば、降りるべきところで声を掛けてくれます。

 

【バンコク】スネークファームでの予防接種

到着です!お疲れさまでした!

 

スネークファームでの予防接種

予防接種の流れを説明します。

 

【バンコク】スネークファームでの予防接種

建物内はこのような感じで、1番から8番くらいまで部屋があります。

まずは、1番の部屋へ行って受け付けです。

 

【バンコク】スネークファームでの予防接種

このような用紙を記入してパスポートと一緒に提出。

 

【バンコク】スネークファームでの予防接種

順番が来ると診察券とカルテのようなものが貰えます。
この時に20バーツを支払う。

 

次はこれを持って、お隣2番の部屋で体温と血圧の測定です。

それが終わったら、今度は4番の部屋へ。
4番の部屋では、おじいちゃん医師と、どのワクチンを打つか相談です。
ここでは、自分の意思がないとあっという間に、
おじいちゃん医師のオススメに決められてしまいます。

予め打ちたいワクチンを決めておいて、
自分の意思を強く持っておいた方が良さそうです(笑)

ただし、2回以上打たなければ効果が無いワクチンもあるので、スケジュール等は、相談して決めた方が良いと思います。

必ずしも2回目以降もバンコクで打つ必要はありませんが。

 

【バンコク】スネークファームでの予防接種

打つ種類が決まったら、ワクチンの説明書を渡されるので、きちんと読みましょう。
英語がわからなければ、読むフリでオッケーです。

説明書をしっかり読んだフリをしたら、
入口隣にある5番の窓口に、ワクチンを購入しに行きます。

 

【バンコク】スネークファームでの予防接種

奥にある普通の冷蔵庫にワクチンが入っています(笑)

 

【バンコク】スネークファームでの予防接種

ここで、ワクチンを貰って支払いです。

ワクチンを購入したら再び4番の部屋へ。
ワクチンを看護婦さんに渡して早速打って貰います。

まず、最初は採血でした。何かの検査のようです。

そして、いよいよワクチンの注射かと思いきや、一番手のコレラは、飲み薬でした。
薄茶色のしょっぱい液体で、いかにも体に悪そう。。

その後は、注射を左肩、右肩に連続で3本!

 

注射を打ち終わったら、アレルギー反応が出ないか、15分くらい待って何もなければ帰してもらえます。

 

【バンコク】スネークファームでの予防接種

帰りにお薬手帳のような、ワクチン接種のスケジュールが書いてある手帳が貰えます。
次はいつ打てばいいのかも記入してあるので、安心ですね!

 

接種したワクチンと料金比較

今回僕が接種したワクチンと料金は下記の通り。
※レート:1バーツ≒3.56円

1回目

コレラ:1,000バーツ(約3,560円) ・・・ 2回分
腸チフス:400バーツ(約1,424円)
ポリオ:700バーツ(約2,492円)
日本脳炎:450バーツ(1,602円)
+ナーシングサービスチャージ:50バーツ(178円)
+研究費?:900バーツ(約3,204円)
+その他チャージ:30バーツ(約107円)

 

2回目

コレラ:0バーツ ・・・ 1回目で支払い済み
A、B型肝炎混合(1回目):3,530バーツ(約12,567円)
+ナーシングサービスチャージ:50バーツ(178円)

黄熱病は、トルコで無料で受けられるという話を聞いていたのでパス。

※現在では無料で打てなくなっているそうです。
そのため、僕はアフリカ縦断前のカイロで打ちました。

 

狂犬病は、ワクチンを打っても犬に噛まれたら、結局血清を打たなければいけないということなので、コチラもパス。
ワクチンを打っていると、血清の本数が減るだけだそうです。

そして、これらのワクチンを日本で受けると料金はおおむね下記の通りとなります。

コレラ:9,000円
腸チフス:8,800円
ポリオ:10,000円
日本脳炎:7,000円
A、B型肝炎:15,120円

※ワクチンの料金は医療機関により異なります。

バンコクでの予防接種は、日本で受けるよりも圧倒的にお得でした!

ただ、2回以上接種しなければいけないものをバンコクでだけ接種するのはあまりに非効率。

他の旅人は、タイを周りながら2回目の接種の時期に合わせてチェンマイあたりで再度ワクチンを接種したりする人が多かったです。