Sibatabi

旅の経験を情報として配信するブログ

コスタリカ/パナマ国境越え|サンホセ→パナマシティのTICAバスまとめ。サンホセのTICAバスターミナルへの行き方。パナマシティのバスターミナルから新市街への行き方。

 2016/12/02 
TICAバス|サンホセ→パナマシティ

サンホセからパナマシティまでのバス移動についてまとめます。

ここまでの中米はずっとローカルバスを乗り継いで来ましたが、サンホセからパナマシティまではローカルバスだと途中の街で1泊が必要になってしまい、それだとあまり料金も変わらないようなので、中米最後の長距離移動はTICAバスを利用してみました。

なので、今回はTICAバスのまとめです。

※為替レート(2016年10月時点)
1ドル≒100.53円
1コロン≒0.19円(コスタリカ)

TICAバスについて

まずはTICAバスについてご紹介。

TICAバスは中米を旅する旅行者で知らない人は居ない国際バスで、メキシコからグアテマラ、エルサルバドル、ホンジュラス、ニカラグア、コスタリカ、パナマの8ヶ国を結んでいます。

また、都市によってはTICAバスのターミナル内にホテルが併設されているため、バスが到着したら1歩も外に出ることなく宿泊し、次の街へ向かうバスに乗り継ぐことも出来ます。なので、TICAバスを利用すれば治安の良くない中米の国々を、危険を冒すことなく、陸路で通過することが出来ます。

ただ、TICAバスのターミナルは、都市の中でも治安の悪いところに建てられているような気がします。少なくとも、サンサルバドルとサンホセではそのように感じました。なので、TICAバスで移動してTICAバスのホテルに泊まっていたらその都市の悪い部分しか見えないような気もします。

 

TICAバスの時刻表と料金

せっかくなので、TICAバスの時刻表と料金も一覧化しておきます。変更される場合もあるので正確なものは以下のTICAバスのURLでご確認を。

※表は左から出発都市、出発時間、到着都市、到着時間、料金です。

◆メキシコ発

出発地出発時間目的地到着時間料金
タパチュラ7:00amグアテマラシティ12:30pm – 1:30pm22ドル

◆グアテマラ発

出発地出発時間目的地到着時間料金
グアテマラシティ6:00amサンサルバドル11:00am – 12:00pm22.4ドル
グアテマラシティ2:00pmサンサルバドル7:00pm – 8:00pm22.4ドル
グアテマラシティ12:00pmタパチュラ6:30pm – 7:30pm24.64ドル

◆ホンジュラス発

出発地出発時間目的地到着時間料金
サンペドロ・スーラ5:30amマナグア6:00pm – 7:00pm40.09ドル
テグシガルパ9:30amマナグア6:00pm – 7:00pm26.09ドル
テグシガルパ6:00amサンサルバドル1:00pm – 2:00pm20ドル

◆エルサルバドル発

出発地出発時間目的地到着時間料金
サンサルバドル6:00amグアテマラシティ11:00am – 12:00pm20ドル
サンサルバドル2:00pmグアテマラシティ7:00pm – 8:00pm20ドル
サンサルバドル3:00amマナグア1:00pm – 2:00pm50ドル
サンサルバドル5:00amマナグア6:00pm – 7:00pm35ドル
サンサルバドル12:00pmテグシガルパ6:30pm – 7:30pm20ドル
サンサルバドル3:00amサンホセ10:00pm – 11:00pm84ドル

◆ニカラグア発

出発地出発時間目的地到着時間料金
マナグア – グラナダ6:00amサンホセ3:00pm – 4:00pm28.75ドル
マナグア – ヒノテペ7:00amサンホセ4:00pm – 5:00pm28.75ドル
マナグア – グラナダ12:00pmサンホセ9:00pm – 10:00pm28.75ドル
マナグア1:00pm – 2:00pmサンホセ10:00pm – 11:00pm46ドル
マナグア5:00amサンサルバドル6:00am – 7:00am40.25ドル
マナグア11:00am – 12:00pmサンサルバドル10:00pm – 11:00pm57.5ドル
マナグア5:00amテグシガルパ1:00pm – 2:00pm30ドル
マナグア5:00amサンペドロ・スーラ6:00pm – 7:00pm46.1ドル

◆コスタリカ発

出発地出発時間目的地到着時間料金
サンホセ12:00pmパナマシティ4:00am – 5:00am42ドル
サンホセ11:55pmパナマシティ5:00pm – 6:00pm57.75ドル
サンホセ3:00amマナグア11:00am – 12:00pm42ドル
サンホセ6:00amグラナダ – マナグア3:00pm – 4:00pm28.75ドル
サンホセ7:30amヒノテペ – マナグア4:00pm – 5:00pm28.75ドル
サンホセ12:30pmグラナダ – マナグア9:00pm – 10:00pm28.75ドル
サンホセ3:00amサンサルバドル10:00pm – 11:00pm84ドル

◆パナマ発

出発地出発時間目的地到着時間料金
パナマシティ11:00amサンホセ2:00am – 3:00am55ドル
パナマシティ11:55pmサンホセ3:00pm – 4:00pm40ドル

 

サンホセのTICAバスターミナルでチケットの予約

サンホセ中心地からTICAバスターミナルへの行き方

今回僕らが利用したのはコスタリカのサンホセからパナマのパナマシティまで。

TICAバスは人気で直前だと予約が取れないということもあるそうなので、出発2日前にサンホセにあるTICAバスのターミナルにチケットを買いに行ってきました。

 

サンホセ|市内→TICAバスターミナル

TICAバスのターミナル近くまでは、「Sabana Cementerio」と書かれた黄色いバスに乗れば135コロン(約26円)で行けます。但し、このデザインのバスは同じデザインの癖に全く違うルートとかを走っていたりするので乗り場に注意です。

 

サンホセ|市内→TICAバスターミナル

TICAバスのターミナルへ行く場合の乗り場はこの辺り。「Calle 11」沿いの「Avenida Central」と「Avenida 1」の間です。

ここを出発して「Avenida 1」沿いをずっとTICAバスオフィス方面に進んでいくので、「Avenida 1」沿いでも捕まえられると思います。中央郵便局の辺りでも長いこと停車していました。

 

サンホセ|市内→TICAバスターミナル

降り場はこの辺り。TICAバスのターミナルはmaps.meにも載っているので、乗車中に利用していれば降り場は間違えないかと。

ちなみに、帰りのバスは「Avenida 2」沿いのバス停から往路と同じデザインのバスに乗れば、180コロン(約34円)で国立劇場のちょっと先、中華門手前辺りまで行くことが出来ます。ここは色んなバスが走っているので、このバス以外でも帰れると思います。

 

サンホセ|TICAバスターミナル

そして、これがTICAバスのターミナル。周辺のコカ・コーラ地区は治安が悪いそうですが、この辺りは昼間だからか特に問題無さそうでした。

 

バスチケットの予約

TICAバス|サンホセ→パナマシティ

サンホセからパナマシティまでのバスを予約しました。40ドルにtax2ドルが追加で掛かって合計42ドル(約4,222円)でした。予約の段階で座席の指定も出来ます。

支払いはクレジットカード払いも出来ました。現金で払いたいけど足りないという場合もターミナル内にATMがあるのでご安心を。

また、予約にはパスポートが必須なので忘れないように。

 

サンホセ|TICAバスターミナル

サンホセ|TICAバスターミナル

その後は併設されているTICAバスホテルのレセプションで、コスタリカ出国税の支払い。これは出発当日でも良いそうです。

 

TICAバス|サンホセ→パナマシティ

こちらが支払いレシート。これは出国手続きの際に必要になるので無くさないように。

出国税の料金は8ドル(約804円)でした。

本来は7ドル(約704円)ですが、ここで支払うとTICAバスの手数料1ドルが上乗せされるみたいです。手数料を支払うのが嫌なら「Bancredito」という銀行で支払えば7ドルで済むみたいです。

僕らは1ドルのために探すのが面倒だったので、ここで支払いました。

出国税については、クレジットカードでの支払いは不可。

 

サンホセ→パナマシティ

TICAバスにチェックイン

サンホセ|TICAバスターミナル

移動日当日は出発の40分前までに来てチェックインをしなければいけません。カウンターに荷物を預けてパスポートとバスチケット、昨日支払いをした出国税のレシートを提出。

 

TICAバス|サンホセ→パナマシティ

すると何だか色んなものを挟まれて返却されました。コスタリカの出国カードと荷物のタグ、パナマシティにあるAlbrookモールのパンフレットでした。

出国カードは出発前の暇な時間に記入します。また、それでも暇ならWiFiを使ってネットサーフィンを楽しみます。

 

TICAバスのサンホセ→パナマシティ

TICAバス|サンホセ→パナマシティ

出発15分前からバスに乗車します。

 

TICAバス|サンホセ→パナマシティ

バス内はエアコンとトイレ完備でシートもしっかりしています。使っていませんがWiFiも飛んでいました。後は昼の間はずっとモニターで映画が流れています。

予約が取れない時すらあるという話でしたが、バス内はガラガラでした。

 

TICAバス|サンホセ→パナマシティ

途中の休憩は、16時頃にコスタリカ側で1回と夜中の0時半頃にパナマ側で1回の計2回ありました。

ついでにコスタリカ側、パナマ側共に国境付近で警察のパスポートチェックもあります。バス内も念入りに検査されるので少し時間が掛かります。この辺は麻薬の密輸ルートになっているので検査が厳しいようです。

 

コスタリカ/パナマの国境越えについて

TICAバス|サンホセ→パナマシティ

<コスタリカ出国手続き>

コスタリカの出国手続きは、事前にTICAバスで貰っていた出国カードとパスポート、出国税の支払いレシートを提出して、すぐにスタンプを貰えました。たぶん30秒くらい。

手続きが完了したら歩いてパナマ側のイミグレーションへ向かいます。ちなみにバックパックはバスの中。パナマ側までバスが持って来てくれます。

 

<パナマ入国手続き>

パナマの入国手続きもあっさり終わりました。TICAバスで来たのかどうか聞かれて終了。

パナマの出国チケットと500ドル以上の現金(または口座の残高証明)が必要と言うことで、アメリカン航空のダミーチケットとネットバンキングのスクリーンショットを用意しておいたんですが、どちらも使わず仕舞い。TICAバスの予約をした時にも必要という旨は伝えられていたんですけどねー。まぁ無事入国出来て良かったです。

で、入国手続きが終わった後は、TICAバスの乗客全員の入国手続きが終わるのをバスの外で待って荷物検査を受けます。この時に税関申告書?見たいなのも書かされました。荷物検査は最初真面目な感じでやってたんですが、途中から検査のおばちゃんのやる気がなくなったのか、バックパックを見せただけで開けることもなく検査は終了しました。超テキトーです。

 

これで国境での全手続き終了。再度バスに乗車してパナマシティへ向けて出発します。国境に到着したのが19時頃で出発したのが21時前でした。コスタリカとパナマには1時間の時差があるので、国境には1時間くらい居たことになります。

 

パナマシティ到着。バスターミナルから新市街への行き方

パナマシティ|バスターミナル

朝4時半頃にパナマシティに到着。パナマシティはAlbrookのバスターミナルに到着します。

 

パナマシティ|バスターミナル

バスターミナル1階の北端に大きなフードコートがありました。とりあえずここで夜明けを待ちます。この時間でもコーヒーくらいなら飲めました。

このバスターミナルはこの時間でも警備員さんがたくさん居るので治安の心配も無いと思います。

ちなみに、24時間使えるATMもたくさんありました。

 

パナマシティ|メトロカード

夜も明けてきた朝6時頃に動き出します。

フードコートにある売店でメトロのカードを購入しました。日本のSuicaのようなチャージ式のプリペイドカードで、パナマシティの公共交通機関はこのカードが無いと乗ることが出来ません。カード代2ドルと3ドルチャージ分の計5ドル(約503円)を支払いました。

2人の場合でも1枚のカードを使い回せるので1枚だけ購入すればオッケーです。また、購入の際にパスポートも必要でした。

予約していた安宿のある新市街まではこのカードを使ってメトロバスで移動しました。

パナマシティの安宿、行き方についてはこちら。

 

サンホセ→パナマシティのTICAバスまとめ

【移動日】2016.10.13
【料金】42ドル(約4,222円)
【手配方法】TICAバスオフィスで出発2日前に購入
【時間】12:00(コスタリカ時間) → 翌4:30(パナマ時間)
【所要時間】 15時間30分