Sibatabi

旅の経験を情報として配信するブログ

ブラジルのルート|ボニート→サンパウロのバス移動まとめ。南米最後の街へ。

 2017/09/16 
カンポ・グランジ→サンパウロ

ボニートからサンパウロまでのバス移動についてまとめました。

ボニートからサンパウロまでは直行バスが無いので、カンポ・グランジ経由になります。

※為替レート(2017年2月時点)
1レアル≒36.3円

ボニート→カンポ・グランジ

ボニートから、まずはカンポ・グランジを目指します。

治安の心配なサンパウロに明るい時間帯に到着するには、カンポ・グランジを夜出発するバスに乗りたいので、それに合わせてボニートからカンポ・グランジに到着するバスに乗ります。

長距離バスの運行スケジュールや料金、空き状況は以下のサイトで調べることが出来ます。

 

ボニート→カンポ・グランジ

ボニートのバスターミナルでカンポ・グランジ行きの運行スケジュールと料金を聞いてみたら、写真のようなメモを貰いました。

見づらいので以下の通り。

<ボニート発→カンポ・グランジ着/料金>
① 7:00→11:30 / 60レアル(約2,178円)
② 12:00→18:00 / 67レアル(約2,432円)
③ 16:00→20:00 / 60レアル(約2,178円)
④ 18:30→23:00 / 67レアル(約2,432円)

①と③は恐らくミニバスです。所要時間が通常のバスよりも短いうえに、料金も安いのでカンポ・グランジに移動するだけなら利用価値はあります。

しかし、僕らはカンポ・グランジからサンパウロ行きのバスに乗り継ぎたいので、時間帯の良い②の通常のバスを利用。チケットは前日に購入しておきました。

ちなみに、日曜日はもう少し本数が少なくなりそうです。ミニバスが無くなるのかな?

 

ボニート→カンポ・グランジ

出発当日。時間通りにバスは出発。

そして、カンポ・グランジ→ボニートの時同様、エアコンの効きが悪くてみんな窓を開けちゃったので、結局エアコン無し状態です。今夜はお風呂に入れないのに、早くも汗でベタベタ・・・。

カンポ・グランジからボニートへ来る時は途中休憩が1度ありましたが、今回は無し。それにも関わらず所要時間は同じくらい掛かって18時半前にカンポ・グランジに到着です。

 

カンポ・グランジ→サンパウロ

カンポ・グランジ→サンパウロ

カンポ・グランジからサンパウロまでのバスは、事前にバスの検索サイトで調べておいた「MOTTA」と言うバス会社を利用しました。

ネットで見ていたらほとんどの便が満席状態でしたが、無事20:30発のバスが空いていました。心配な場合は事前にネット予約しておいても良いかもしれませんね。

料金は216.96レアル(約7,876円)+ターミナル使用料5レアル(約182円)で合計221.96レアル(約8,057円)でした。クレジットカード払い可です。

予約時は人数分のパスポートが必要なので、代表で買いに行く場合は同行者のパスポートも忘れずに。

また、今回は事前に調べておいた「MOTTA」を利用しましたが、さすがにサンパウロ行きは他のバス会社でも取り扱ってそうでした。

 

カンポ・グランジ→サンパウロ

バスが到着。綺麗な外観です。

荷物を預けた際にはタグも貰えて、乗車時のパスポートチェックも有ります。

そういえば、南米の長距離バスはペルー辺りから2階建てが主流でしたが、いつの間にか1階建てのバスになっていました。

 

カンポ・グランジ→サンパウロ

バスに乗車。新し目で綺麗なバスでした。シートもふかふか。

ボニートからのバスと違って寒いくらいエアコンも効いていて快適です。

 

カンポ・グランジ→サンパウロ

トレイも綺麗でトイレットペーパーの予備が4ロールもありました。南米の長距離バスはトイレットペーパーが足らなくなって(そもそも無い場合も)自前を使ったりすることが多いので、これは奇跡的なサービスです。やっぱりブラジルは格が違うね。笑

トイレの隣にはウォーターサーバーもあります。

 

バスは翌朝9時に1時間くらい休憩があって、13時前にサンパウロのバハ・フンダ(Barra Funda)長距離バスターミナルに到着。

今回も国内時差が関わってくるため、カンポ・グランジよりも1時間早くなるので注意です。(サマータイムにも注意。)

 

サンパウロのバスターミナルから地下鉄(メトロ)で市内へ

サンパウロ|メトロ

バハ・フンダ長距離バスターミナルから市内へは、地下鉄で移動することが出来ます。

駅は併設の「Barra Funda」駅で、3号線、7号線、8号線が乗り入れています。

サンパウロのメトロマップは以下のリンクから確認することが出来ます。

僕らは、日本人街リベルダージから少し南にある「Ana Rosa」と言う駅まで行って3.8レアル(約138円)でした。

サンパウロで泊まった安宿はこちら↓立地抜群でオススメです。

 

サンパウロ|メトロ

サンパウロは治安が少し心配でしたが、メトロ内は普通に先進国な風景であまり緊張感も無かったです。

むしろ、南米最後の街だったので、メトロでの移動1つとっても感慨深くて、興奮していたのを今でも覚えています。

 

ボニート→サンパウロのバス移動まとめ

ボニート→カンポ・グランジ

【移動日】2017.2.7
【料金】67レアル(約2,432円)
【手配方法】前日にバスターミナルで購入
【バス会社】Cruzeiro do Sul
【バス設備】エアコン/トイレ
【時間】12:00 → 18:20(休憩無し)
【所要時間】6時間20分

 

カンポ・グランジ→サンパウロ

【移動日】2017.2.7
【料金】216.96レアル(約7,876円)+ターミナル使用料5レアル(約182円)→合計221.96レアル(約8,057円)
【手配方法】当日バスターミナルで購入
【バス会社】MOTTA
【バス設備】エアコン/トイレ/ウォーターサーバー/荷物タグ/パスポートチェック
【時間】20:40 → 翌12:50(休憩1回)
【所要時間】15時間10分(1時間の時差有り)