Sibatabi

旅の経験を情報として配信するブログ

ペルーのルート|クスコ→プーノのバス移動まとめ。ペルー最後の移動はやっぱりクルス・デル・スール!

 2017/05/02 
ペルーのルート|クスコ→プーノのバス「クルス・デル・スール」

クスコからプーノまでのバス移動についてまとめます。

※為替レート(2016年11月時点)
1ソル≒33.5円

クスコの宿からクルス・デル・スールのオフィスへ

クスコの安宿|EURO HOSPEDAJE

遂に13泊した大好きな宿「EURO HOSPEDAJE」を離れます。また機会があったら絶対泊まりたい宿ナンバー1です。みんな最後まで優しくて本当に良い宿でした。

クスコからプーノまでのバスはクルス・デル・スールで事前にネット予約をしておいたので、宿でタクシーを呼んでもらってクルス・デル・スールのバスターミナルまで向かいます。

タクシーの料金は8ソル(約268円)でした。

 

クスコ→プーノ

クスコからプーノまでのクルス・デル・スールのバスは朝と夜発の2便あって曜日によって変わるみたいです。なので、事前にインターネットでチェックしておくと予定が立てやすいと思います。

そんなに距離もないので夜行はちょっとしんどい、ということで僕らは朝発(8:00発)のバスを選択。インターネットで予約したバスの料金は60ソル(約2,010円)でした。

インターネット予約した場合は、ターミナルのカウンターで乗車前にチケットを印刷してもらう必要があります。

なので、カウンターでチケットを貰って、時間になったら荷物を預けてバスに乗車。荷物にはもちろんタグを付けてくれます。

そして、バスは5分しか遅れずに出発。

 

ペルーのルート|クスコ→プーノのバス「クルス・デル・スール」

やはり安定のクルス・デル・スール。設備はバッチリです。

ただ、ここ数回はクルス・デル・スールばっかり乗っていてバス内の設備も代わり映えがなかったせいか、見返してみるとこの区間のバス内の写真はあんまり撮ってませんでした。

今回もバス内の設備は大体こんな感じです↓

 

ペルーのルート|クスコ→プーノのバス「クルス・デル・スール」

そして、出発して2時間くらいで軽食が配られました。短距離なのでいつものように機内食のようなご飯は出ません。

 

ペルーのルート|クスコ→プーノのバス「クルス・デル・スール」

車窓には南米っぽい景色が流れます。何気にこの区間4,000mの山を越えてるらしいですよ。

あと、クネクネ道が一部あって珍しく車酔いしました。

 

ペルーのルート|クスコ→プーノのバス「クルス・デル・スール」

15時前にプーノのバスターミナルに到着。

クルス・デル・スールは、預けた荷物をバスターミナル内の荷物受け取りカウンターで受け取る形式ばかりだったんですが、このターミナルではバスから直接荷物を受け取れました。

受け取りカウンターで受け取る場合は、いつも凄く待たされるので、早く受け取れるのこっちの方が僕は良いと思います。

 

プーノのバスターミナルから宿へ

プーノのバスターミナルから、日本人の人気宿「マンコ・カパックイン」まではタクシーで向かいました。

バスターミナル内のタクシーランクに停まっていたオフィシャルタクシーで7ソル(約235円)

プーノを出るときにも宿からタクシーを利用したんですが、バスターミナル内まで入るなら1ソル(約34円)追加だと言われたので、もしかしたらバスターミナルの外でタクシーを捕まえた方が若干安いかもしれません。

でもまぁターミナル内で乗った方が安心っちゃ安心ですね。

ちなみに、宿からバスターミナルまでは5ソル(約168円)でした。

 

また、プーノからチチカカ湖のツアーに参加する場合は、バスターミナルにたくさん客引きが居るので宿に向かう前に申し込むのもアリだと思います。

 

クスコ→プーノのバス移動まとめ

【移動日】2017.1.2
【料金】60ソル(約2,010円)
【手配方法】インターネットで予約
【時間】8:00 → 14:45
【所要時間】6時間45分