Sibatabi

旅の経験を情報として配信するブログ

モロッコの物価と旅に掛かった費用まとめ。

 
モロッコのお土産

モロッコの各種情報が途中なのですが、旅をした時期から早くも1年半以上も経ってしまい、情報も古くなってしまっていると思うので、モロッコはとりあえずまとめの記事を幾つか書いて終わりにしたいと思います。

リアルタイムで生の情報を提供出来なくて本当にもったいなかった。

ということで、今回の記事ではモロッコの物価と旅に掛かった費用をまとめました。物価や為替も多少変わっているとは思いますが、ご参考程度にどうぞ。

まとめ記事が故に細かな情報まで載せきれないので、何か気になることがあれば、お問い合わせ、もしくはコメントからお気軽にご連絡ください。

※為替レート(2017年2月時点)
1ディルハム≒11.4円

モロッコのトラベルデータ

【滞在期間】2017.2.16 – 2017.3.4(17日間)
【滞在都市】タンジェ、シャウエン、フェズ、ハシラビート、マラケシュ、エッサウィラ、カサブランカ、ラバト

 

モロッコの物価

食事

モロッコのタジン鍋

まずは、モロッコの食事から紹介していきます。

モロッコの食といえば、タジン鍋が代表的ですね。都市やお店によりますが、タジンは大体25〜40ディルハム(約285〜456円)程度で食べられます。

但し、安いタジン鍋はあまり美味しくなかったので注意です。

40ディルハム(約456円)とバックパッカーにとっては少し高めではありますが、フェズの宿で教えて貰ったタジン鍋屋さんが、一番美味しかったです。

 

モロッコのクスクス

続いて、こちらもモロッコの代表的な料理クスクス。

クスクスはタジン鍋よりも若干高めでした。タジン鍋が40ディルハムのお店で50ディルハム(約570円)しました。

タジン鍋より高いなら、絶対にタジン鍋を食べた方が満足度が高いと個人的には思います。クスクスはあまりお口に合いませんでした。笑

あとは、嘘か本当かわかりませんが、クスクスは毎週金曜日に食べるものだそうで、金曜日以外で食べられないレストランが幾つかありました。

 

モロッコの海鮮料理

海のあるモロッコでは海鮮も堪能出来ます。特にマラケシュやエッサウィラ、カサブランカ、ラバトではよく見かけます。

写真はマラケシュのフナ広場で食べたイカと魚のフライ。これと奥にあるナスのすり潰したオイル漬け(めっちゃ旨い)+無料で付いてくるパンで合計50ディルハム(約570円)でした。

ちなみに、これが僕の30歳の誕生日のディナーでした。笑

 

モロッコの海鮮料理

エッサウィラではイワシのフライも食べられます。これがめちゃくちゃ旨い。お店にもよりますが1枚2ディルハム(約23円)からです。

また、エッサウィラでは、市場で買った魚を網1枚10ディルハム(約114円)で焼いてもらえます。但し、魚の衛生状態が怪しいです。新鮮なんだろうけど何か汚い。笑

あと、港の方にはシーフードバーベキューのレストランもたくさん並んでいます。モロッコとはいえ、バックパッカーには気軽に入れないくらいのお値段でしたが、ロブスターとか色々食べられるようです。

 

モロッコのチャイ

最後に、モロッコで忘れてはいけないチャイ。

どの街にも必ず、至る所にチャイ屋さんがあり、僕らも町歩きに行く度に立ち寄っていました。

僕、このイスラム圏のチャイ文化大好きなんですよね。甘いチャイをちびちび飲みながらお喋りしながらのんびり出来て最高です。

お店にもよりますが、チャイは大体1杯5ディルハム(約57円)程度です。カサブランカでは、立ち飲みですが1杯1.5ディルハム(約17円)のチャイ屋さんもありました。

 

移動(バス)

モロッコのバス

続いて移動について、モロッコ国内の移動は基本的にバスになります。

今回は割と細かく周ったのもありますが、モロッコの観光都市間はそれほど距離も遠くないため、移動時間もあまり長くならず、料金もそこまで高くなかったです。

区間移動時間料金(※荷物代込み)
タンジェ→シャウエン3時間10分DH50(約570円)
シャウエン→フェズ4時間55分DH70(約798円)
フェズ→ハシラビート8時間30分DH185(約2,109円)
ハシラビート→マラケシュ13時間DH225(約2,565円)
マラケシュ→エッサウィラ3時間25分DH75(約855円)
エッサウィラ→カサブランカ6時間35分DH140(約1,596円)
カサブランカ→ラバト(電車)1時間DH37(約422円)

※ディルハムはDH表記。

 

安宿

シャウエンの安宿「HOTEL ABIE KHANCHA」

安宿については、大体1人1泊700〜1,000円程度で泊まれると思います。

基本的に各都市メディナ内に行けば安宿はたくさんある。

ハシラビート(サハラ砂漠起点の街)については、ドミトリーで1泊150ディルハム(約1,710円)とかなり高めですが、周りに他の安宿が少ないこと、朝夕食が付くこと、この値段でプール付きのリゾートに泊まれることを考えるとコスパは良いと思います。また、オーナーが日本語堪能で、ドミトリーも日本人しか居ません。ほぼ日本語環境。

ちなみに、久しぶりにサイトを覗いたら、1泊200ディルハム(約2,280円)に値上がりしていました。詳細は以下のリンク先を参照してください。

都市宿部屋タイプ料金備考
タンジェPension PlaceダブルルームDH120(約1,368円)オンボロ。
シャウエンHOTEL ABIE KHANCHAツインルームDH120(約1,368円)青い部屋が素敵。オススメ。
フェズDar LalamouneドミトリーDH80.25(約915円)綺麗。朝食付。オススメ。
ハシラビートRiad MoucheドミトリーDH200(約2,280円)朝夕食付。日本語可。砂漠ツアー申込可。オススメ。
マラケシュHotel Medinaシングルルーム
ツインルーム
DH70(約798円)
DH120(約1,368円)
WiFiサクサク。フナ広場近い。オススメ。
エッサウィラHotel SmaraダブルルームDH110(約1,254円)部屋がカビ臭い。屋上海水まみれ。
カサブランカHotel Touringシングルルーム
ツインルーム
DH130(約1,482円)
DH190(約2,166円)
普通のホテルみたい。
ラバトHotel DalgerツインルームDH200(約2,280円)高い。

※ディルハムはDH表記。

 

観光

今回のモロッコ旅で観光にはほとんどお金を使いませんでした。

というのも、モロッコは街自体を楽しむスタイルの都市が多かったので、基本的にお金を払ってどこかの観光に行くということは少なかったです。

 

青い街シャウエン

青い街シャウエン。青く染められたメディナ内を歩いているだけで楽しい。

 

マラケシュのフナ広場

マラケシュのフナ広場。

お祭り騒ぎの広場を歩いているだけで、モロッコを感じることが出来ます。(うざい奴が多い。笑)

 

モロッコのサハラ砂漠ツアー

唯一きちんとお金を払って観光に行ったサハラ砂漠ツアー。

ツアーは1泊2日で300ディルハム(約3,420円)だったので、コスパは良いと思います。安い。
※現在は350ディルハム(約3,990円)に値上がりしていました。

 

お土産

モロッコのお土産

モロッコの観光にはお金は掛かりませんが、可愛い雑貨がたくさんあるので、女子にはお土産代がかさむかもしれません。

日本に帰ってからの新生活用と言う建前のもと、相方もたくさん食器類を購入してました。笑

 

モロッコのお土産

モロッコのお土産

まず、エッサウィラで買った小皿4枚が120ディルハム(約1,368円)

 

モロッコのお土産

フェズで買ったティーセットが4組で180ディルハム(約2,052円)

 

モロッコのお土産

マラケシュで買った小さい湯呑みが4つで70ディルハム(約798円)

 

モロッコのお土産

あとは、今回は悩んだ挙句に結局購入しませんでしたが、バブーシュっていう皮のスリッパも人気ですね。

値段は忘れました。笑

 

ちなみに、雑貨、特に食器はあり得ないくらいぼったくった料金を提示してくるので、根気強く値切るようにしましょう。倍以上の値段で吹っかけてくるなんてザラでした。

180ディルハム(約2,052円)で購入したティーセット4組なんて、はじめ800ディルハム(約9,120円)なんて言ってきましたからね。

 

モロッコ旅で掛かった費用

ディルハム日本円換算
食費DH1854.55¥21,142
宿泊費DH2,341¥26,687
交通費DH1,699¥19,369
観光費DH602¥6,863
その他DH680.95¥7,763
合計DH7,177.5¥81,824

※2人で使った金額です。
※スペイン→モロッコのフェリー代、モロッコ→スペインの飛行機代は除いています。

モロッコの旅で掛かった費用は81,824円でした。滞在期間は17日間なので、1人1日の平均出費は約2,407円となります。

今回は、各都市2泊ずつとかで駆け足で周ったので、もう少しゆっくりすればもっと平均出費を抑えられたと思います。