Sibatabi

旅の経験を情報として配信するブログ

クスコよりも良いかも?オリャンタイタンボの安宿と周辺情報。クスコからオリャンタイタンボへの行き方。

 
オリャンタイタンボ|街並み

今回行く予定が無かったオリャンタイタンボ。

クスコからマチュピチュへ列車で移動する場合、クスコ発着よりもオリャンタイタンボ発着の方が料金を抑えられるためこの町を通過する旅人も多いと思います。

僕らもクスコからマチュピチュへバスで向かう途中に通って、良さげな雰囲気を醸し出していたので、クスコからウルバンバを訪れるついでに、再度この町にも足を運んでみました。

ということで、今日はオリャンタイタンボの町と安宿を紹介したいと思います。

※為替レート(2016年11月時点)
1ソル≒33.5円

オリャンタイタンボはこんな町

オリャンタイタンボ|街並み

オリャンタイタンボはクスコからコレクティーボで2時間ちょっとの距離にある小さな町です。ウルバンバ渓谷にあるため周りは山に囲まれています。

また、冒頭でも言ったように、クスコからマチュピチュへ向かう際の通過点となる町です。

写真は町の中心の広場。

 

オリャンタイタンボ|街並み

中心の広場から路地に入るとインカの石組み、石畳が続いていて素敵な雰囲気。

僕らが訪れた時には、観光客も少なく、町も小さくのんびりしていたので、かなり気に入りました。雰囲気だけで言ったらクスコよりも好きかも。

 

オリャンタイタンボ|街並み

ただ、街並みは素敵なんですが、田舎過ぎてやることは無いです。笑

マチュピチュへ列車移動する時に、行きか帰りに1泊くらいすれば十分かな。列車とコレクティーボの乗り継ぎの間に町を観光しているような方々も多く見ました。

クスコからマチュピチュへ往復バスの場合は、帰りにオリャンタイタンボで降りることも出来るんじゃないかなー。

 

オリャンタイタンボ|街並み

インカの水路もまた良い感じです。

 

オリャンタイタンボの遺跡

オリャンタイタンボ|遺跡

オリャンタイタンボの唯一にして最大の見所が、町の西側にある「オリャンタイタンボの遺跡」です。

クスコを制圧したスペインの征服者へ反旗を翻したマンコ・インカが、インカ軍を率いてこの遺跡に潜んでいたそうです。そして、やがてやってきたスペイン人をこの遺跡で容易に撃退したんだとか。

しかし、このマンコ・インカ率いるインカ軍は、スペイン人を撃退したにも関わらず、この地を後にして更に奥のビルカバンバへ身を潜めてしまったそうです。

マチュピチュの記事でも少し触れましたが、このビルカバンバと間違えて発見されたのがマチュピチュというわけなんですね。

こうして、訪れた土地が歴史で繋がっていくのは面白いですね。

 

オリャンタイタンボ|遺跡

この頃インカの歴史に興味を持ち始めていた僕は、是非ともこの遺跡を訪れたいと思って入り口まで足を運んでみたんですが、入場料が130ソル(約4,355円)と言う恐ろしいお値段だったので、今回は辞めておくことにしました。

ちなみに、学生料金は70ソル(約2,345円)でした。

 

オリャンタイタンボ|遺跡

ちなみに、この階段状の遺跡以外にも周囲には、山肌にへばり付くように遺跡がチラホラあります。なかなか観ものですよ。

 

オリャンタイタンボのお土産事情

オリャンタイタンボ|街並み

オリャンタイタンボ|街並み

お土産物屋はオリャンタイタンボの遺跡の前にたくさん並んでいます。並んでいるものや料金はクスコとそんなに変わらないかな。クスコと違って人があまり来ないので、古くて埃まみれのものも多かったです。

 

オリャンタイタンボ|街並み

路地にも数軒並んでました。

 

オリャンタイタンボ|街並み

マチュピチュ村で見つけた記念コインの自販機もありました。個人的にこれはオススメです。

詳細はこちらの記事に書きました。

 

オリャンタイタンボの食事情

オリャンタイタンボ|食事情

オリャンタイタンボは田舎&観光地ということで、選択肢が少なく食事が高くつきます。

広場周辺のレストランで食べたこちらのメニューはサラダとジュース付きで15ソル(約503円)でした。

 

オリャンタイタンボ|メルカド

ただ、小さな町とはいえメルカドもあるので、昼間はここで食べれば安上がりです。

 

オリャンタイタンボ|メルカド

一番上の階に食堂があってメニューが5ソル(約168円)でした。

しかし、僕らが訪れた時期は年末ということもあって、開いているお店がほとんどありませんでした。

 

オリャンタイタンボのカフェ

オリャンタイタンボのカフェ

あと謎にお洒落なカフェが1件ありました。遅いけどWiFiも使えてコンセントもあります。

料金はアメリカーノが6ソル(約201円)でした。

 

オリャンタイタンボへの行き方(バス・コレクティーボ)

クスコからオリャンタイタンボへの行き方

コレクティーボ

クスコからウルバンバへのコレクティーボは、ウルバンバ行きのバス・コレクティーボ乗り場の近く、もしくは同じターミナルで捕まえられるようです。

ウルバンバ行きのバス・コレクティーボ乗り場の位置は以下の記事に地図を載せています。

オリャンタイタンボ発クスコ行きのコレクティーボの料金が15ソル(約503円)だったので、クスコからオリャンタイタンボへ行く場合も同じ料金だと思います。ちなみにオリャンタイタンボからクスコへ行く場合は、オリャンタイタンボの広場でコレクティーボの乗客を集めていました。

バス

クスコからオリャンタイタンボへの直行バスは無かったと思います。僕らはウルバンバに1泊してからオリャンタイタンボへ来ましたが、帰りもウルバンバで乗り換えになりました。

ウルバンバ-オリャンタイタンボ間はコレクティーボが片道1.5ソル(約50円)で30分くらい。ウルバンバはバスターミナル発着、オリャンタイタンボは広場着、メルカド前発でした。

 

オリャンタイタンボの安宿「HOSTAL KILLARI」

オリャンタイタンボの安宿|HOSTAL KILLARI

そして、最後にオリャンタイタンボで泊まった安宿を紹介します。

オリャンタイタンボで泊まった安宿は「HOSTAL KILLARI」

到着してテキトーに見つけました。中心の広場から北の路地を入ってすぐのところです。

 

オリャンタイタンボの安宿|HOSTAL KILLARI

最初、予算オーバーな料金(金額は忘れました。)を提示されたので、別の宿を探しに行こうと思ったら、1人20ソル(約670円)で別の部屋を案内してくれました。

試しに見てみたらなんとトリプルの部屋で、ベッドも清潔、屋根裏的な雰囲気も良かったので即決しました。

 

オリャンタイタンボの安宿|HOSTAL KILLARI

枕元の棚も便利で良いですね。

 

オリャンタイタンボの安宿|HOSTAL KILLARI

バスタオルと石鹸も付いてました。バスタオル付きの宿って本当にありがたいですよね。タオルを洗濯する手間が省けて助かります。

 

オリャンタイタンボの安宿|HOSTAL KILLARI

共有スペース。サンルームみたいになっていて昼間は少し暑い。

何か紅茶みたいなのが置いてありましたが、朝食は付いていません。

 

オリャンタイタンボの安宿|HOSTAL KILLARI

電気シャワーと思いきやガスシャワーです。熱々では無いですが十分温かかったです。水量もバッチリ。ただし、出しっ放しにしていると水に切り替わったりします。

また、シャワールームが狭い&着替えを掛けるところが少ないので静かに浴びないと服が濡れる心配があります。あと水はけが宜しくない。

 

「HOSTAL KILLARI」の宿泊情報まとめ

【宿泊時期】
2016.12.25 – 12.27(2泊)

【部屋タイプ】
トリプルルーム(料金はツイン)

【料金】
40ソル(約1,340円)

【設備・サービス】
共同トイレ・シャワー(お湯・水圧良好)/バスタオル/石鹸/WiFi(滞在中は使えなかった。)

【立地】
町の中心の広場(アルマス広場?)から北に路地を入ってすぐのところ。詳しくは後述の地図を参照してください。

【オススメ度】
★★★★★★☆☆☆☆

 

その他のオリャンタイタンボの安宿を探す。

 

オリャンタイタンボの各スポット地図

オリャンタイタンボの地図

※クリックで拡大します。

緑:メルカド
オレンジ:安宿
赤:お洒落カフェ